女性は自信過少?男性は自信過剰?「ダイバーシティ」イベントからの学び。

こんにちは、Natsumiです。
 
昨日は「ダイバーシティ」イベントがありました。
ざっくり言いますと、約100人の企業で働く女性、わずかな数の男性があつまり「ダイバーシティ」について考え、議論するイベント。

 
この前の記事で、24時間以内にアウトプットする!と宣言していますので、
わすれないうちに、このイベントからの学びをまとめます。

 
 

そもそも「ダイバーシティ」って何?

 
「ダイバーシティ」のとらえ方が、人によって全然ちがうというのは、改めて感じました。

 

「ダイバーシティ」=「多様性」
これをうまく取り入れれば、長期的にチームの成長、ビジネスの成長がされる。

このレベルであれば認識のズレはありませんし、ほとんどの人がその重要性も、必要性もわかっています。
ズレてくるのは、もう1つ深いレベル感でのところです。

 
「多様性」があると、チームとしてはコントロールが難しくなるので、
どうチームとして「多様性」を取りいれながら成長していくか? という長期的な視点がもとめられます。
 

     ・「多様性」は、性別、国籍、文化など、さまざまである。女性 or 男性だけの話ではない。

     ・「多様性」をうまく取り入れるために「リーダーシップ」が必要になる。

 
と話しをすすめているうちに、いろんな方向に話がいってしまうことはありませんか?
何の話をしているかが分からなくなることがあります。

 
「ダイバーシティ(多様性)」について話すときは、何の話にフォーカスするか?というのを決めるのが、重要ですね。

 
たとえば、
・「女性活躍推進」の話をするのか?
・「無意識にもっている偏見(バイアス)」の話をするのか?
・「リーダーシップ」の話をするのか?

 
このときに、必ずその人の「主観」が入ってしまうので、
「客観」的なデータや意見も入れて、話すことも重要と思いました。
女性だけで話しているよりは少数の男性を入れるとか。女性管理職は「7%」とかデータを使うとか。

 
 

やっぱり、日本は「女性活躍推進」がおくれている?

 
日本でダイバーシティの中で良く話されているテーマとして「女性活躍推進」があります。

 
海外はやっぱり進んでいて、「ダイバーシティ」というと、LGBTとかの話もあって、
日本ってまだ「女性活躍推進」の話をしているの?なんて、ツッコミが入ります。

 
じゃあ、実際どうなのでしょうか?
「女性管理職比率」ランキングをしらべてみました。

 
・調査機関:国際会計事務所グラントソントン
・調査概要:世界の企業トップ 5,526人へインタビュー。2016年 6-12月に調査。

 
【ランキング(トップ)】
1位 ロシア 47%
2位 インドネシア 46%
3位 エストニア 40%
4位 ポーランド 40%
5位 フィリピン 40%

 
【ランキング (ワースト)】
1位 日本 7%
2位 アルゼンチン 15%
3位 インド 17%
4位 ドイツ 18%
5位 ブラジル 19%

 
日本は圧倒的に低い、ワーストですね。
 
先日、勝間和代さんがおっしゃっていたことは、この「女性活躍」がおくれている原因は、
 

    ・女性は「自信過少」
    ・男性は「自信過剰」

 
というのが大きい、とのこと。
 
リーダーになりたいと手をあげる女性が少ないのも、
評価面接では女性はひかえめになる傾向があり、給与格差が男女間でうまれることも、
この女性が「自信過少」であるのが1つの原因というのは、”目からうろこ” でした。

 
今読んでいる『WORK DESIGN(ワークデザイン)』という本に、
私たちが無意識にもっている偏見(バイアス)と、それを変えるための行動デザインについて、書かれています。
この本はとても奥深いので、読みおわったらブログに書きます。

 
先日勝間さんに、直接アドバイスいただく機会がありました。すごくありがたいです!
 
私からの質問「自社に女性管理職がすくない、ロールモデルがいないのですが、どうすればいいでしょうか?」
勝間さん「サポーターを見つけること。女性を引き上げたいと思ってくれているリーダーがベスト。」
勝間さん「あとは、自分がロールモデルになることね。」

 
DeNA創業者の南場智子さんと、勝間さんはマッキンゼー時代に、同じ男性リーダーのもとで働いていたとか。
このような「女性とうまくできる男性社員」はビジネス的にも成功をおさめる。
この成功例がもっとでてくると良いですね。

 
 

自分に何ができるか?小さな一歩からはじめよう。

 
とにかく「ダイバーシティ」は奥深いテーマで、人によってとらえ方がちがいますよね。
とりあえず小さな一歩でも自分でできることを始めるのが、いいかなと思っています。

 
イベントで自分なりの決意表明として、2つのことを言ってみました。
 

    1. 自分がロールモデルになる!

    何かを変えたいと思ったら、自分が変わること。
    女性は「自信過小」ということに気づいたので、このままではいけないと思い、勇気をもって言ってみました。
    自分がロールモデルになれるよう、このブログもその記録としてつづけていきます!
     
    2. コミュニティでボトムアップしていく!
    自分の”想い”を信じて、少しずつ輪を広げていきたい。

 

その他にイベントで学んだこと
 

    1. 自分の信じていること、好きなことをやる
    2. フィードバックをあげる、もらう
    3. フィードバックは新鮮なうちに (たとえば、イベント後すぐにフィードバックする)
    4. メンターを見つける

 
また「ダイバーシティ」と直接関係ありませんが、すごく良いアドバイスをいただきました。
こういったイベントで会った人にお礼メールをするときは、必ずひと言入れよう!

 
たとえば、
・XXさんの「XXX」とおっしゃっていたこと、とても良かったです。
・XXさんの赤い靴、とてもステキでした。
とか何でもよいけど、その人についての「ひと言」入れること。

 
これだけで相手にあたえる印象が、まったくちがってきますよね。
良いアドバイスいただきました。さっそく実践してみます!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください