『SHARE SUMMIT 2019』 -シェアとは「共創」と「共助」

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

昨日は、随分前からチケットを取っていた『SHARE SUMMIT 2019』のイベントに行ってきました。

ほんとに豪華なスピーカー陣とセッション。有料イベントで、1,000名以上集まっていて、セッション会場は満席で、大盛況でした。

私は一個人としての参加ですが、シェア事業者のトップの方々、自治体、政府、企業のトップや、キーとなる方々が登壇、参加されているイベント。こうやって、関係者が一同に会することが大切。

SHARE SUMMITのWebより

参加者、関係者のシェアリングエコノミーへの関心度の高さを感じました。

「共創」と「共助」

いま改めて「シェア」について考えてみると、このテーマにあるように「共創」と「共助」。まさにそのことを登壇者も話しているし、参加者も考えることができる。これって、すごい良いことだなとシンプルに思います。

「みんなで、より良い社会にするためにどうすれば良いか?」

「みんなで助け合って、いっしょに新しいエコノミーを創るにはどうすれば良いか?」

壮大なテーマだけど、「みんなで、いっしょに」同じ方向を向いて考えられるのが、ほんとに良いなと思います。

登壇者の方が言われていて、心に響いた言葉があります。

人って、誰かに何かを貢献するのが嬉しい。

シェアすることって、すごく嬉しいこと。

自分だったら、何をシェアできるか? を考えることが大切。

すごく共感でした。

「シェアリングエコノミー」と言うと、UBER、Airbnbが代表格として挙げられて、サブスクリプションとかビジネス寄りのことをイメージするかもしれない。でも、その根幹にあるシェアの考え方が大切で、「共創」と「共助」、その先にビジネスとしての利益がある。そんなことを改めて感じました。

Co-Economy 〜共創と共助で創るこれからの日本〜

冒頭に本田圭佑さんからのビデオメッセージがあり驚きました。

本田さんがシェアで注目されているのは、とくに「人」。

企業勤めされている人は、そこに留まらずに、いろんな所で横断的に働ける。ここにシェアの考え方をもっと入れていけば、もっと社会は良くなる。シェアに対する期待と応援のメッセージ。

最初のセッションから、すごく豪華。

テーマは「Co-Economy 〜共創と共助で創るこれからの日本〜」

  • 南 章行 : 株式会社ココナラ 代表取締役社長
  • 増田 宗昭:CCC株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
  • 宮坂学: 東京都副知事
  • 松島 倫明:『WIRED』日本版編集長

いくつか印象に残った話を。

「みんなで幸せになりたい」はビジネスの本質

「シェア」とか「シェアリングエコノミー」という言葉が世界で注目されてきたのは、今から10年くらい前から。UBERやAirbnbが一気に成長して、ますます注目されるようになった。

所有じゃなくて共有。

「みんなで幸せになりたい」というのは、そもそもビジネスの本質。

時代の変遷としては、少子高齢化社会とか人生100年時代ということが言われていて、みんなで垣根を越えて考えていくことが求められるようになった。

モノの時代から、情報の時代、そして”well-being”といったみんなで幸せを追求する時代になってきている。

セッションのなかでは、「データビジネス」の話もありました。

CCCもTカードなどで「データビジネス」を展開している。増田さんいわく、「データはゴールじゃない」。

データをシェアする目的は、2つあって、

  • 個人の幸せ
  • 企業の効率

ヨーロッパでは人々の健康データを全部データとして収集している。それによって、急に倒れたときにも、かかりつけの病院がどことか、通常時の脈拍がどれくらいか、などのデータが本人から聞かなくても分かるようになっている。これは、「個人の幸せ」につながっている。

データを誰が持つかという競争ではなく、「何のためにデータをシェアするか?」を考え、 「個人の幸せ」そして「みんなの幸せ」につながっていけば良いなと思いました。

「シェア」による新たな価値

CCCの増田さんからは、2013年にオープンした武雄市図書館のお話がありました。

図書館が単に「本を貸し借りする場所」ではなく、「地域のコミュニティ」になっている。シェアによって、新たな価値が生まれています。

5年間で500万人が来館。年間600くらいのイベントが行われていて、そのうちの3分の2は地元の人が主催しているそうです。

武雄市図書館のWebより

日本ならでは、その地域ならではのやり方、アプローチがある。CCCとしてこの武雄市図書館を含めて、全国で6図書館を展開している。ただ来館者数を増やすだけではなくて、来館者の方が、図書館を通して得られるものを、もっと大きくしていくことを追求されています。

図書館を通して、自己成長や自己実現を目指す人同士の接点を増やす。自然とコミュニティが形成されていき、助け合う関係になっている。シェアによって新しい価値を生み出している。

「自分の持ってる何かが誰かの役に立つ」という喜び

元ヤフーの代表である宮坂さんから、「ヤフオク」がヤフーにとってのシェアリングエコノミーの原点というお話がありました。

前例が無いので、新しいルールを作っていく必要があった。「ルールを作る」という意味では、個別調整じゃなく、シェアリングエコノミー協会という団体にすることで、行政と調整しやすくなる。

最初の「ヤフオク」での出品は、宮坂さん個人のストーブだったとか。当時は配送手段もないから、自分でこのストーブを落札してくれた人に届けに行った。このときに、「自分の持ってる何かが誰かの役に立つ」という喜びがあったそうです。

この後にもいっぱいセッションがありました。このイベントのほんの一部しかご紹介できてませんが 、今日はこのあたりまで。

すばらしいセッション、イベントありがとうございました。

2 Comments

竹内啓二

まさにSDGsの観点。
そして渋谷栄一氏の論語と算盤の理念。
営業も同様。
会社の利益も重要である一方、
まずは人への貢献がやりがい。
いいモノゴトを個にもcoにもシェア。
広が幸せや感動の輪、新たな発見。
共創、共助、本当大切ですね。

返信する
Natsumi Suzuki

コメントありがとうございます!共創、共助って、改めて良い言葉だなと思いました!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください