学びのキッカケは、人それぞれ。数学が好きになるキッカケとは?

私は、大人になってからの方が、学びのことを考えるようになりました。

子どもの時は、あんまり考えてなかったけど、学ぶことは好きだったし、ただただ目の前の問題を解くことに集中していた気がする。

大人になってからは、自分が「学びたい」とか、「これは必要だ」と思うものを、自分で学ぶようになった。

当然ながら、お金がかかる学びも多い。読書にしても、ビジネススクールとか、英会話とか。

子どもの時と大人になってからの学びの違いは、

  • 「何のために学ぶか?」が分かっている
  • 自分で選択している
  • 自分でお金を払っている

の3点が大きな違いだと思います。

この3点があることで、子どもの時より、自分で学んでいる意識が強くなった。

私自身は、やらされ感のある学びが得意ではなく、やらされていると思っただけで、モチベーションが上がらなくなる。

昨日やっていた『シン・ニホン』の読書会で、「学びのキッカケは、人それぞれ」だよねという話がありました。

とっても興味深かったので、今日は「学びのキッカケは、人それぞれ」 について書きたいなと思います。

数学を好きになるのも、いろんなキッカケがある

昨日読書会に参加していたみなさんに、「数学が好きでしたか?」と聞くと、1割くらいしか手が挙がらなかったんです。

でも、数学もいわゆる数式とかだけじゃなくて、いろんなキッカケがあるよね。

という話で盛り上がりました。

たとえば、探究学舎という今話題の塾が配信している「数字はどうやって発明されたのか?史上最大のイノベーション」の動画。

私がエジプトに旅行に行ったときに衝撃だったのが、数字が読めなかったこと。数字がアラビア語だと、こんな感じだったんですよね。

何か物を買おうと思っても、その見せられている数字(金額)が全くわからない。

全くわからないので、手を広げて小銭を並べて、「その金額取って」とお店の人にお願いしていました。ぼったくられても絶対分からないパターン。

こんな経験は初めてで、今でも覚えています。

たしかに、数字はシンプルじゃないと使いにくいし、国をまたいで共通であることが大切になる。その数字がどうやって生まれたかの物語が語られていて、この動画おもしろいー。探究学舎さんの授業、ほんとおもしろくて、やり方含めて色々学びになる。

それから、「マンガが入り口になることもあるよー」と聞きました。

おすすめのマンガを教えてもらったので、貼っておきます。

マンガ「コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし」

あと、この『算数事件簿』というマンガも、おすすめいただきました。

created by Rinker
ポプラ社
¥715 (2020/09/27 11:19:12時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの本も。

created by Rinker
¥1,760 (2020/09/27 11:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

今話題の「あつ森(あつまれ どうぶつの森)の株価も、おもしろいよー」と言う声もありました。

こんなの全然自分では考えつかなかったので、読書会って、色んな視点が得られて、ほんとにおもしろい。

ちなみに、読書会に参加してくれていた「さいとー」という愛すべきメンバーが、大好きといつも言っているのが「元素」。

元素が超好きになったキッカケはピアスで金属アレルギーが出たことで、そのときにどの金属の元素がNGか、OKというリストをもらったとのこと。それがあって以来、元素にハマっているとか。

元素(Wikipediaより)

たとえば、電車の手すりを見ても、「これはどういう元素で出来ているんだろう」「元素を見つけてくれた人に、ありがとうを言いたい」と思っているとか。

人によって、学びのキッカケはいろいろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください