USJで一番感激したこと。

こんにちは、Natsumiです。

先日のブログで、USJ(ユニバーサルスタジオ・ジャパン)に行ったときのお話を書きました。とにかくマーケティングがあらゆる所に行き届いていて、感激していました。

みなさんは、いつUSJに行かれましたか?

私は6-7年ぶりだったので、前行った時とは見違えるように変わっていました。今日は、USJで何に一番感激したかについて、その興奮が冷めやらないうちに書きたいと思います。

呼び方は、「ユニバ」派と「USJ」派に分かれる?

本題に入る前に、呼び方について気になったことを書かせてください。
みなさんは、USJをどう呼んでいますか?

私は「USJ」派です。
このあいだ関西出身の子と「今度USJ行くんだ。」という話をしていたら、「あー、ユニバですね。」と言っていました。関西だと「ユニバ」と呼んでいるんだ、と気になったので、調べてみました。
フジテレビのココ調がユニバーサル・スタジオ・ジャパンで調査した結果によると、

USJ派:71%
ユニバ派:29%

という結果に!!

やっぱり、ユニバ派は関西に集中しているようです。
マクドナルドの呼び名が、「マック」派と「マクド」派に分かれるのと同じですね。「呼び名=愛称」は地域に親しまれるものに変化していく、という新しい気づきです。

USJで一番感激したことは?

話を戻したいと思いますが、私が今回USJに行って感激したことはたくさんあります。勝手にベスト3に絞って、今日はご紹介しますね。

3位:子ども向けのエリアやアトラクションが充実している!


前回行った時は、子どもが産まれていなかったのですが、あまりファミリー層がいない印象でした。そもそも子ども向けのアトラクションもほとんどない。
それが今回行ってみると、子ども向けのエリア「ユニバーサルワンダーランド」は、子どもが1日中楽しめるエリア。

今回USJには2日連続で訪れたのですが、1日目は、ほとんど「ユニバーサルワンダーランド」のみ。「このジャングルジムにずっと居るんだったら、フリーパスがもったいないんじゃない?」と思ったほどでした。

でも、定番のメリーゴーランドとか、ゴーカートだけではなく、スヌーピーが空飛んでいたり、セサミストリートやクリスマスのショーや、キャラクターのグリーティングもあるし、1つ1つがUSJの世界観の中にあって、子どもも大満足でした。

ちなみに、子どもの身長は104cmです。この「ユニバーサルワンダーランド」エリアのアトラクションは全てOK。それ以外のエリアでも、ミニオンハチャメチャアイスとか、ハリーポッターのジェットコースターも乗れました。

このミニオンハチャメチャアイスは、アイス(氷)の上を滑っていく設定になっていて、子どもにとっては「ツボ」だったようで大爆笑でした。

2位:世界観が作り込まれている

前回行った時は、セサミストリートか、シュレックとか、E.Tとか、スパイダーマンといったキャラクターとアトラクションがありましが、あまり世界観を感じなかったんですよね。

今回行ったときは、エリアによってそのエリアの世界観が作り込まれている、ことに感激しました。先ほど書いた「ユニバーサルワンダーランド」は、セサミストリートやスヌーピーで世界観ができています。わたしはミニオン大好きなので、ミニオンエリアは、ミニオンの世界観で統一されていました。

ミニオンがハチャメチャするグリーティング。

クリスマスだったので、クリスマス仕様のミニオンのショーもありました。

ミニオンフードにもテンション上がりました!
紹介しきれないのですが、エリアの中の世界観が細部まで行き届いていて、最高でした。キャラクター物のフードは、個人的にはツボです。

また、世界観として、USJで一番有名なのはハリーポッターですね。

実はハリーポッターは読んだことも観たこともないのです。

でも、そんな私でも、このエリアに入ったときは一気に引き込まれました。建物の雪がすごくリアルだし、スタッフもみんな魔法の世界から飛び出したような感じでした。

ハリーポッターは、圧倒的に大人気のエリアでした。

魔法の杖の専門店“オリバンダーの店”での魔法体験に参加しました。30名程が部屋に入って、その中の1人だけがオリバンダーさんに杖を選んでもらい、魔法を使う体験ができます。うちの子どもは選ばれてはいませんが、それでも楽しかったようです。

ちなみに、ハリーポッターのジェットコースターは、4歳の子どもにはかなり怖かったようです。1分くらいの短いジェットコースターなのですが、気づいたときには顔が硬直して、目を閉じながら泣いていました。。

1位:工事現場がインスタスポットになっている!

今回のUSJで驚いたことは、「インスタスポット」が多いということ。前に来たときは、そもそもインスタが無かったので、時代の移り変わりも感じました。
事前には全然知らなかったので、あらゆるところに「インスタスポット」があって、みんな写真撮りに来ている感じだったので、びっくりしましたね。たしかに「USJ インスタ」で検索すると、いっぱい色んな記事が出てきます。

各エリアの世界観で色んなスポットがあるのは勿論なのですが、「工事現場がインスタスポットになっている!」というのが、一番感激しました!

こちらはインスタの投稿からの引用です。みんな、こんな感じで色んなポーズ取ってました!

こんなのもかわいくないですか?

ほんと、どの壁もかわいいんですよね!

うちの子どもは写真が好きじゃないようで、なかなか撮れなかったのですが、この壁のかわいさにはテンション上がりました!

工事現場という一見ネガティブな場所も、「インスタスポット」というハッピーな場所に変えてしまう。このギャップが大きいほど、私たちは感動する。

ネガティブな場所や事を、ハッピーに変えてみよう!
新たな気付きを得た旅でした、USJ最高です!ありがとうございました!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください