100記事までの「Google検索結果」を分析してみました。どんな「キーワード」が検索されている?

こんにちは、「ほめられると伸びるタイプ」のNatsumiです。
 
このブログで、101記事目です。
 
昨日のブログで目標にしてきた100記事を達成して、色々な方に見ていただき、お褒めをいただきました。ありがとうございます!
あらためて、私は「ほめられると伸びるタイプ」だな、と実感しています。

 
さて、ここまで「とにかく100記事だ!」と目標にしてきたので、ここからはセカンドシーズンです。
 
ここまでは言うなら「赤ちゃん」の状態で、ここからはやっと「幼稚園児」という感じでしょうか。
まだ無邪気さも残しつつ、少しずつ色んなことを学びながらブログを改善していきたいです。
 
まずは、ブログについての目標をアップデートしたいですね。
 

ということで、セカンドシーズンのブログ目標を考えてみました。

 

・3月までに「200記事」
・1つの記事を、もっとていねいに書きたい
・もう少しアクセス数を伸ばしたい (これまでの2ヶ月で約1,000ページビューなので、2倍にしたい!)
・検索してもらうブログにしたい

 
なんかブログで宣言してしまうと、やらなきゃいけない気持ちになってくるんですよね。
これはブログを始めてよかったことの1つですね。

 
自分の目標をひそかに(?)宣言する場になっています。
「有限実行」を実現するブログになるといいな。
 
とここからが、いよいよ本題です。
 
「もっと検索してもらうブログにしたい」と思っているのですが、
じゃあ、これまでの100記事について、Googleでどんなキーワードで検索されているの?クリックされているの?
この疑問について、Googleの検索結果から分析してみました。
 
ちなみに、こちらの結果ですが、Google Search Consoleという、Googleのツールで調べられます。

 

検索されたときの表示回数とクリック数

 
まずは言葉の説明をしますね。
 
表示回数というのは、Googleでそのワードを検索したときに、検索結果のどこかに表示された回数
クリック数というのは、その検索結果からこのブログをクリックしてくれた数

 
やはり、記事数がすくない最初の1ヶ月は、検索で表示されるのは殆どないですね。
1ヶ月たった10月下旬くらいから、少しずつ入ってくるようになりました。
 
まずは検索結果に表示されないと意味ないので、表示回数をあげていきたいですね!

 
 

検索されたときの表示回数ランキング(トップ10)

 
じゃあ、どんなキーワードで検索されて、検索結果に表示されているの?
 
こちらについて調べてみました。
 
これは単にそのキーワードが、ブログ記事に含まれていればいいというだけではありません。
ざっくり言いますと「その検索キーワードについて、有益なページかどうか?」というのを、
Googleがアルゴリズムで判断しています。

 
このアルゴリズムは日々アップデートされており、有益(読み手にとって意味ある)な内容になっているかが重要です。
これが勿論むずかしいことなのですが、さすがGoogleという感じで、日々精度があがっています。

 
ということで、こちらがトップ10です。

 
なるほど。「ストレングスファインダー 2回目」「オイシックス コープデリ」「バカとつきあうな」がトップ3。
あとは「versant」とか「ニシノコンサル」ですね。
でも、このトップ10は表示回数はあるけど、あんまりクリックされていない。

 
クリックされるようになるには、
・タイトルや内容を見直す
・検索されたときの表示ランキングをあげていく
あたりの改善が必要ですね。
 
これまでは記事の質にはこだわっていなかったので、この検索されている記事を、まずはアップデートしていきます。
 
あ、ちなみにトップ3にはいっている「バカとつきあうな」ですが、本のタイトルですよ。
本の名前がちょっと刺激的、ブラックなのですが、誤解しないでくださいね。あくまでも、本のタイトルです。

 
↓ これのことです。

西野さん、堀江さんの両名で書かれた本で、面白いですよ。
 
あと「versant」ですが、英語のスピーキングテストの名前です。
 
今年に入ってから3回受けてます。これがほんとに難しいテストなんです。TOEICのようにはスコア上がらないです。
正直苦戦しており、スコアが上がったり、下がったり。。
おそらく同じように、versantのスコアについて悩んでいる人が多いんだと思います。

 
もうちょっと「versant」をがんばって、記事も書いていこうかなと思いました!

 
これ以降のランキング結果も載せておきますね。

 
 

検索されたときのクリック数ランキング(トップ10)

 
つぎに、検索結果に表示されたあとに、どれくらいクリックされているか?のランキングです。

 
「黒木信作」さんは、宮崎の焼酎蔵である「黒木本店」の専務です。
「黒木本店」にお伺いしたときの記事を書きました。すごく焼酎についての熱い想いがあって、感動したことを今でも覚えています。百年の孤独とか有名な焼酎がいっぱいあり、オススメです。

 
こちらも先ほどの表示回数と似たような結果ですかね、「バカとつきあうな」とか「versant」とか。

 
これ以降のランキング結果も載せておきます。

やっぱり、こちらも「versant」が多いですね。

 
それ以降のランキング結果はこちら。

 
なるほど。
まずは、表示回数をあげていくこと、
そのために読み手にとって意味のある記事を書いていくことが重要と理解しました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください