NVCのコミュニケーション方法 – ABD読書会をやってみた

今日は、『NVC -人と人との関係にいのちを吹き込む法』の本で、読書会をやりました。

created by Rinker
¥2,090 (2020/09/22 23:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

NVCとは、 ノン・バイオレント・コミュニケーション(非暴力コミュニケーション) 。

個人間の衝突を避けて、共感的なコミュニケーション、お互いを分かり合えるようなコミュニケーションを行うために開発されました。
マーシャル・ローゼンバーク博士が提唱しています。

人と人とのコミュニケーションでは、自分が意図していないのに、相手をイライラさせてしまったり、その逆もある。

勝手に相手が言ったことを誤解して、自分が嫌な気分になっていた経験もある。

なので、この「NVC」のコミュニケーション方法は、すごく興味があります。

今日の読書会では、ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)®  の手法を使いながら、ひとりひとりが分担して、担当章のサマリを作成してシェアして、ディスカッションしました。

NVCの4つのステップ

NVCには、4つのステップがあります。

  1. 観察する
  2. 感情に気づく
  3. 必要としていることを明確にする
  4. 自分の人生を豊かにするために要求する

イラストで表すと、こんな感じです。

たとえば、「誰かに何か言われてイライラした」とか「ムッとした」とか、そういう時に感情任せで、言い返してしまったり。

そのときに、この4ステップを頭の中で思い浮かべて、

  1. 相手はどんな言葉を言っていたんだろう? どんな行動をしてたんだろう?と「観察」してみる。
  2. 自分はどんな「感情」なんだろう?
  3. 今、自分が「必要としていること」はなんだろう?
  4. 具体的に、相手に「要求」する

というステップが取れれば、相手を責めたり、自分を責めたりしないコミュニケーションができる。

私がサマリを担当した章では、ステップ2の「感情」について、書かれていました。

人の悪口を言うときは、多様な言葉を使うけど、自分の感情を表現するのは、語彙が少ない。

人は、自分の感情を言葉で表現するのが苦手。

そして、他人の顔色を伺い、自分の感情を後回しにしてしまう傾向がある。

「~だと感じる」は、感情を表していない

このなかで興味深かったのは、「~だと感じる」の言葉は、自分の感情を表していないということ。

たとえば、「私は、あの人が攻撃的だったと感じる」というのは、

自分の感情を表していない。

自分の感情を表す表現は、「私はイライラしている」「私はムッとしている」とか、そういうものになる。

英語だと、

  • I think ~
  • I feel ~

という使い分けがあり、後者は自分の感情を表している。

これを、日本語にすると、

  • 私は、~と思う。
  • 私は、~と感じる。

となり、後者も、前者と同じように自分の考えを表す表現になってしまう。

自分の「感情」を表現する語彙を増やして、自分がいまどんな感情なんだろう?と丁寧に向き合うことを、NVCでは推奨しています。

私は、アサーション(アサーティブ)のトレーニングを受けたことがあるのですが、NVCと考え方が似てるなーと思いました。

アサーションは、前にブログでも書いているのですが、

アサーションの3ステップと「Iメッセージ」

アサーション(アサーティブ)は、日本語に直訳すると「さわやなか自己主張」とか、「しなやかな自己主張」という意味のようです。

  1. 自分もOK
  2. 相手もOK
  3. お互いを認めて、自己主張する

この考え方を意識しつつ、NVCの手法を組み合わせると、

「あなたが〇〇と言っているのを聞くと、わたしは〇〇という感情を感じます。なぜなら、〇〇に対するニーズが満たされていないからです。なので、リクエストとしては〇〇をして欲しいんです。」

ちょっと固い表現になっていますが、4つのステップに忠実になると、このようになります。

自分なりにNVCの手法を身に着けてみたいと思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください