大人も楽しめる絵本『生き抜くチカラ』 好きな言葉

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

みなさんは、絵本を読みますか?

お子さんがいる方は、お子さん向けに読むかもしれません。

私も絵本に感激することがあり、大人も楽しめる絵本ってあるんだな、と思う今日この頃です。

為末大さんの新著が、まさに「大人も楽しめる絵本」。タイトルは『生き抜くチカラ: ボクがキミに伝えたい50のことば』です。

created by Rinker
日本図書センター
¥1,430 (2020/01/27 15:55:10時点 Amazon調べ-詳細)

現役の頃から好きだった為末さん、今も為末さんの発する言葉の一つ一つが好きです。

なんと、為末さんが1ページずつツイートしてくれているので、これだけでも楽しめるけど、紙の本で楽しむとより心に響くかと思います。

書かれている言葉はもちろん、イラストがすごく好きです!

正直すべての言葉に共感で、全部良いのですが、その中でも好きな言葉 10個を載せておきます!

世の中のしあわせを願う前に、まず自分をしあわせにする。

これには、ほんとに共感。とくに母親になると、自分のことより子供のこと、家族のことってなってしまいがち。まずは、自分をしあわせにすること。

だれでも、自分の生きたいように、生きていい。そして、生きたいように、生きていける。

これって、ほんとに子供にだけじゃなくて、自分の信念として持っておきたい言葉。

お金とはあくまでも手段で、目的は幸せになること。

これ、言葉はもちろんなのですが、イラストが好き。ほんとにその通りだよなーと共感です。

人生とは総合力

どうしても何かに秀でている人を羨ましく思ってしまうことがある。でも、自分に自信が無いと思ってしまったら、「人生は総合力」の言葉を思い出したい。

しあわせのカギは「なにげなさ」にある。

日常のなかに、どれだけしあわせを見つけられるか。これやっぱり大切ですよね。

「みんな」は、だれでもないことが多い。

「みんながやっているから」って、つい言ってしまっている気がする。そうではなくて、自分がどうしたいか、どう思うかを大切にしたい。

「下を向いて歩く」のもアリ。

ずっと上を向いて歩くのは疲れてしまう。この言葉に、ホッとさせられます。

自分の「好き」「合っている」を見つけるために、とにかくなんでも経験する。

やっぱり経験なんだよなー、と思います。うちの子供は、すぐに放り投げてしまうので、「経験」だと思うようにしたい。

ものごとを知りすぎると、理由のない勇気がなくなってしまう。

「理由のない勇気」ほんとに大切だと思います。それを持てる子供になって欲しいし、自分もなりたい。

苦しいときほど、種をまく。

なかなか実がでなくても、「種をまく」という感覚、大切にしたい。

読めば読むほど、どの言葉も良いです!

すべての言葉を大切にしたい。

2 Comments

竹内啓二

為末大さん、フレーズも絵も素敵ですね。
以前から気になっていて…これを機に書籍も読んでみます。
元格闘家で現議員の須藤元気さんの哲学的な書籍や考えも好きで、現役時の本はよく読んでました。
最近だとボクシング村田諒太さんなど、アスリートには求道者が多く、言動が心に響きますね。

返信する
Natsumi Suzuki

竹内さん、ぜひぜひ!須藤さん、村田さんの発言も気になります!
ありがとうございますー!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください