『破天荒フェニックス』レビュー。オンデーズに行きたい!

こんにちは、ワーキングマザーのNatsumiです。

 
昨日に引き続き、『破天荒フェニックス』を読んだので、その話です。

 
メガネチェーン「オンデーズ」を奇跡的に再生させた社長・田中修治さん
その血みどろの再生物語が、エンタメ化!

 
これが400ページを超える大作で、実業家・社長界の”池井戸潤”という感じです!
小説として読んでて最高に面白い!けど、それだけではありません。
資金繰りで何度も倒産の危機、金銭が絡む生々しいこととか、ビジネスマンにとって普段知りえない「ビジネスの裏側」を知れる本でした。

 
本を読んで、「オンデーズに行きたい!」と素直に思いました。
最近メガネを新調したばかりだけど、オンデーズ行ってみます。

 

メガネ業界の「ZARA」を目指す!という明確なビジョン

 
売上20億円、借金14億円、破産寸前というのが始まり。

 
2008年のメガネ市場はどうだったか?
 

    ・「メガネ」は、視力測定、調整などがあり、「カスタマイズ」商品。人による付加価値が大きい。
    ・Eコマース化が進みにくい
    ・粗利率は60-70%
    ・日本のメガネ業界は、低価格帯チェーンの競争が激しくなっている
    ・安いだけでは生き残れない
    ・国内に圧倒的なNo.1はいない
    ・海外のメガネ市場は、メガネ販売に資格が必要で、日本より遅れている

 
→ メガネ業界の「ZARA」を目指す!

 
この表現がとてもしっくり来ました。オンデーズの社員がいっしょに目指すべき方向ができた、と思いました。
やはり、このビジョンの設定が、重要ですね。

 
メガネ業界の「ZARA」とは?

    ・世界一のブランド
    ・低価格なのに、オシャレで品質がよい

 

メガネ = ファッションアイテムにする
それに向けて戦略をすべて練り直した。

 

「有言実行」と「トライ&エラー」と「スピード感」!

 
ZARAを目指す!というのは言葉では簡単。
でもそのために変革する「資金」がない。
常に「倒産」のリスクがある、危機的状況が10年近くつづく。

 
この本では「火事のなかで爆弾をしかける」と表現されていましたが、まさにそれです。

 
赤字なのに、資金ないのに、下記のようなチャレンジをされています。

    ・新しいコンセプトの路面店をオープン!そして失敗。
    ・雑貨チェーンを2億円で買収!そして失敗。
    ・震災後にボランティアでメガネを配布!
    ・フランチャイズ展開で、一気に100店舗まで増やす!
    ・オープン半額セール、メガネ一式 “2,500円”から
    ・収益の源泉だった薄型レンズを”0円”に!
    ・スリープライスをやめる!
    ・ハウスブランド立ち上げ!
    ・一気にシンガポールで3店舗オープン!
    ・一気に台湾にも進出!

 
普通だったら資金がなかったら出来ないことを「有言実行」していく。
倒産して全部借金抱えたら自分が背負う、のような強い覚悟と、自分の言ったことをやりきる力、
これが、ずば抜けている。

 
そして何度も失敗するけど、また新たなチャレンジを繰り返す。
「トライ&エラー」を繰り返せること。
圧倒的な「スピード感」で、改革を進めていくこと。

 
この生々しい話が描かれています。

 

改革を支えている「人」

 
田中さんの「有言実行」「トライ&エラー」「スピード感」を支えているのは、その周りにいる「人」たちであると感じました。
”桃太郎”のストーリーみたいですね。

 
・圧倒的なビジョンを掲げる「桃太郎」 : 田中さん
 → 少しずつ仲間を増やしていく。

 
・そのビジョンをCFOとして財務的に分析、実行していく「犬」 : 奥野さん

 
・商品部の部長として、商品の品質を大幅向上、工場を改革していく「猿」 :高橋部長

 
・シンガポール支社の海山さん、台湾進出で活躍された濱地さん、など。

 
その仲間たちの協力や、人間模様がリアルに伝わってきて、感情移入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください