『未来を創るプレゼン』の本で、プレゼンの核が決まった話

先週の金曜にあった「3分ピッチ」のプレゼン。

もともとプレゼンが苦手で、その準備が産みの苦しみだったのは、この前のブログに書きました。

QWSチャレンジ「3分ピッチ」で本当に伝えたかったこと

このプレゼンの前に、何度もストーリーとスライドを作り変えたのですが、そのときの支えになったのが、こちらの本です。

この本で、プレゼンの核を決めることができました。

created by Rinker
¥990 (2020/09/28 16:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

年間300回くらいのプレゼンを重ねる伊藤羊一さんと、澤円さんの共著。

お二人の講演やイベントは何度も参加していますが、お二人の考え方や生き様を改めて知ることができました。

「何者かになりたかった」訳ではなく、目の前のことを、ひたすら積み重ねてきて、自分の核を見つけてきていたお二人。私も、そういうタイプなので、この本で語られているストーリーや考え方には、首がもげるほど共感でした。

そして、「プレゼンで私は何を伝えたいのか?」を考えることができました。

プレゼンは「未来を創る」

本のタイトルそのままなのですが、プレゼンは「未来を創る」。

この意味は、じっくり考えました。

何のために、プレゼンするか?

何か、過去の結果を伝えるためにプレゼンする訳ではない。

今回私がプレゼンをした場は、これまでのプロジェクトの成果を発表するイベント。それをそのまま受け取り、最初にスライドを作ったときは「過去の結果」をプレゼンする内容になってしまっていた。

この本を読んで、改めて読み返してみると、「未来」の話が全然書かれていないことに気づきました。

私がプレゼンする意味は、過去やってきたことの発表ではなく、未来を創るため。

それを骨格に、後半半分を「未来を創る」内容に書き換えました。

プレゼンの核としたメッセージは「つながり」。

この「つながり」は未来を創る。

これがプレゼンの後半の1枚目のスライド。そのままですが「未来をつくる」というメッセージを入れました。

この後のスライドから、具体的にどんな未来を、どのように創っていくか?を展開していきました。

プレゼンが苦手な私への勇気づけ

私は、プレゼンが苦手で、情熱的に話すことができません。

それに結構コンプレックスを持っていて、素で情熱的に話せる人をいつもうらやましく思っています。

そんな私に勇気づけをいただいた言葉がありました。

人は変われる

『未来を創れるプレゼン』より。伊藤羊一さんの言葉。

羊一さんご自身の、落ちこぼれだったという時代、鬱になっていた時代をどう乗り越えたか? のターニングポイントが語られています。

その原体験があるからこそ、「人は変われる」と信じていて、それをリーダー育成プログラムなどで伝えられている。

私も「うまく話せない」と思っていても、「人は変われる」んだから大丈夫と言い聞かせることができました。

それから、こちらの澤さんの言葉。

人前に立っている時点で、わたしは勝利を収めている。

『未来を創れるプレゼン』より。澤円さんの言葉。

人前で話すのに苦手意識を持っている人は多い。

そういう人は、マインドセットを変えればいい。

逃げなかった。電車に乗れた。会場に行けた。ステージに立てた。

もうこれだけで、私はすごい。すでに、勝利を得ている。

今回完全に言い訳なのですが、コロナで引きこもり生活をしていて、人前でプレゼンするイメージがどうしても持てなかったんです。

なので、投げ出したいと何度も思っていて、そんな時に「人前に立っている時点で、わたしは勝利を収めている。 」の言葉に、背中を押してもらえました。

この本を読んで、プレゼンに挑むマインドセットの部分に影響をいただきました。

でも、それだけではなく、テクニック的なことも参考になりました。

  • プレゼンのストーリーの流れの作り方
  • 聴いている人に何を訴えかけるか
  • まずはスライドのメインの言葉だけでストーリーがつながるか

などなど。

あと、羊一さんの「自信がないなら、何度でも繰り返す」は、肝に銘じていて、100回近くですが練習を重ねてみました。

これからも、プレゼンのときのバイブルにしていきます。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください