グローバル企業で生き抜くための秘訣 – 外国人同僚と信頼関係を築くには?

こんにちは、Natsumiです。

 
先日書いた下記ブログのつづきです。

 

    ・「グローバル企業で生き抜くための5つの秘訣とは?」はこちら
    ・「グローバル企業で生き抜くための秘訣 – 英語メールを書くときの6つのコツ」はこちら

 

グローバル企業で生き抜くための5つの秘訣とは?

 
こちらは、前回のおさらいです。

 

    1. 効果的な異文化コミュニケーションをする
    2. 信頼関係を築く
    3. 遠隔にいる同僚とコラボレーションする
    4. アダプティブシンキング - 変化に適応していく、新しいことをどんどん学ぶ
    5. グローバル組織を理解する

 
本日は、2つ目について書きます。

 

外国人同僚と信頼関係を築くには?

 
・定期的にコミュニケーションを取る!

     
    コミュニケーションは長時間 x 1回ではなく、
    短時間でも定期的に取ることが、信頼関係を築くコツのようです。

     
    できれば隔週でも、月に1回でも、定例の電話会議をセットすることをオススメします。
    定例までに質問や、こちらの状況アップデートをまとめておく。それを会議で共有する。

     
    日本人同士より、外国人同僚との信頼関係を築くほうが、時間が掛かります。
    しかもリモートの電話会議しかできないのであれば、尚更ですよね。
    定期的にコミュニケーションを取り続ける、ということが重要になります。

 
・ソーシャルメディアで繋がる!

     
    外国人のビジネスマンは、ほぼソーシャルメディアLinkedinを使っています。
    あとはFacebook、Twitterも使っている人がいます。

     
    ソーシャルメディアで積極的に情報発信している人も多いです。
    ソーシャルメディアで彼らとつながり、彼らがどんな情報を発信しているか?
    それを掴むことで、コミュニケーションを取るときにも役立ちます。

 
・グローバルで開催されるミーティングやイベントに参加する!

     
    10回も、20回も電話会議をしていても、やはりFace to Faceのコミュニケーションのほうが、強力と感じます。
    グローバルで開催されるミーティングやイベントがあれば、「行きたい!」と手を挙げ続ける。

     
    電話会議などのテクノロジーが進歩した今、現地に行くことがコスト的に難しくなっているケースは多いと想います。
    グローバルで開催されるミーティングやイベントに参加できるチャンスを掴み取る、
    そのために日々行動する、手を挙げ続ける、ことが重要ですね。

 
・外国人同僚に、日本に来てもらう!

     
    自分が行けないなら、来てもらう!

     
    何か1つのプロジェクトを進めるには、電話会議だけではなく、
    数日間でも日本に来てもらって、Face to Faceのワークショップをすると、一気にプロジェクトが加速します。
    そういう経験が、私も何度もあります。

     
    どういう目的で来て欲しいか?なぜ来て欲しいか?誰に来て欲しいか?を言い続ける。
    外国人は日本が好きな人が多いので、結構来てもらえます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください