社内の「感謝ポイント」「感謝プログラム」について考えてみる

こんにちは、Natsumiです。
 
私は外資系企業に勤めていますが、グローバルレベルで、
社内に「感謝ポイント」「感謝プログラム」というのがあります。

 
先日読んだ「お金2.0」の本でも、このような制度を導入している企業が増えてきているとか。
自社でどのような制度になっているかを、改めて振り返ってみました。

 
個人的には、営業向けのキャッシュインセンティブより、このような”感謝”を伝えるプログラムが好きです。

 
キャッシュインセンティブは、下記の問題があり、
自社でも多用されていますが、正直効果が薄れていると感じます。

 
・対象が限定的
 → 対象は営業のみで、バックエンドの社員が評価されないことが多い

 
・結果がすべてで、プロセスが評価されない
 → 数字作りに走ってしまう傾向がある

 
・金銭によるインセンティブのみ
 → 感謝コメントなどが無いことも多く、給与上乗せだと、ありがたみが少ない
   承認欲求が満たされない

 

社内の「感謝ポイント」「感謝プログラム」制度

 
目的:
・社員同士で、”感謝”を伝える
・それをポイント化して、Amazonギフトカードや旅行などに引き換えられる

→社員の承認欲求が高まる、モチベーションが高まる

 
おおきく、4つの仕組みがあります。

 

    1. 勤続XX年を感謝する

     
    5年単位で「勤続XX年おめでとう!」というのをお祝い、感謝する
    関係者が、システム上でお祝いメッセージを投稿する
    ここはポイントなし

     
    2. 社員から社員への感謝

     
    ”感謝”をオンラインのカードで伝える
    この”感謝プログラム”のページ内で、だれがだれに感謝しているかのメッセージが見れる
    ここはポイントなし

     
    3. マネージャから社員への感謝

     
    マネージャレベルは、四半期ごとに一定のポイントを持っていて、
    自分の部下や、他部署の社員に感謝を伝えることができる
    その際にポイントを贈れる

     
    4. キャッシュアワード

     
    優れたパフォーマンスをした社員に対して、エグゼクティブからキャッシュアワードを贈れる

 
先月は、感謝を贈ることも、贈られることもありました。どちらも嬉しいです!

 
マネージャではない社員にも、ポイントを贈れるようにして欲しいな、と思っています。
ちなみに、私は、最近溜まったポイントを、Amazonギフトカードに交換しました。
これでKindle本をたくさん読みたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください