ケアンズ着いた!格安航空券LCCだったんだ。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

いま夏休みの旅行で、オーストラリアのケアンズに来ています!

昨日の夜に、成田空港を出発して、早朝にケアンズに着きました!

今日は着いてから、何だかずっと眠い。オーストラリアと日本の時差は、1時間なので、時差ボケでは無いはずが、まるで時差ボケのよう。

そうだ、今日のうちにブログを更新しておこう、と今書き始めたところです。今日は、ケアンズの自然に囲まれながら、ゆるーく書きたいと思います。

格安航空券LCCだったと気づいた

1ヶ月くらいまでに、「今年の夏休みは、ケアンズ行こうかなー」という軽いノリで、適当に安い航空券を取っていました。ちなみに、子供が動物好きなので、目当ては動物と自然です!

予約したときは、大人1人あたり、往復の航空券で6万円くらいでした。ジェットスター航空で、これがいわゆる格安航空券のLCCだったようです。(後で気づきました)

最近のGoogleの検索は、ものすごく便利で、「ケアンズ 航空券」で検索して、どれが一番安いかを表示してくれます。こんな感じのイメージです。(今日サンプルで検索した画面キャプチャ)

Trip.comというサイトで航空券を予約して、格安航空券(LCC)とか、あんまり考えずに予約していました。

成田空港の第3ターミナルって、LCC専用だったんだ

今回初めて、成田空港の第3ターミナルを利用。これって、LCC専用だったんですね、全然知らなかった。今このブログを書きながら、気づきました。(笑)

しかも、2015年にオープンしてたなんて。そう言われると、そんなニュースもあったなー、と思い出しました。

空港第2ビルで降りて、そこから第3ターミナルなんだ、と子供を連れて歩きだしたら、なんか遠い。。

「え、あと580m、そんなに?」

と、ちょっと途方に暮れていましたが(大げさ)、

途中から、なんとバスで移動でした。

第3ターミナルに無事到着! 余裕を持って、空港に来ていて良かった。

今思えば、LCCだから、こんなに遠かったのね。

そして、中に入ると、めっちゃプレハブ感のある空港。

今までの成田空港の他のターミナルのイメージからすると、意外な感じで、びっくりしました。

このあたりの時点で、今回の航空券には機内食が付いてないらしいということに気づき、空港で食べて行こうということに。

フードコートは、なんか良い感じ!

Yahoo!ニュースから引用。

フードコートは営業時間外も24時間休憩スペースとして利用することができ、椅子、テーブル、ソファベンチなどの家具は、デザイナーの深澤直人氏が監修し無印良品が制作したものです。

なんか安心感のある空間と思ったら、無印の家具が使われてたんですねー。

「成田 第3ターミナル」の画像検索結果
Yahoo!ニュースの記事から引用

お店も充実して、讃岐うどんを食べました。

画像

機内では飲み物も有料のようなので、保安検査場前に、コンビニに寄って、飲み物とか現地で食べる朝ごはんを調達しました。みんな同じことを思っているのか、コンビニに長蛇の列が出来ていました。

いざ搭乗、途中で起こされない感じが良い

そして、ジェットスターに搭乗!

機内は、けっこうガラ空きな感じでした。そして、食べ物、飲み物は有料ですよ、という説明があり。

座席前にある映画とかTVとかも有料。子供用にキッズパス($10)を購入しました。

「どうやって精算するんだろう?」と思っていたら、このモニター画面で、クレジットの決済ができるスグレもの。

アメニティとかも有料なので、ブランケットとかも出ないです。

機内食は付けていなかったので、途中で「飲み物」とか「食べ物」の配布で起こされないので、返って快適でした。

いつも機内食が付いているパターンだと、せっかく来たから食べようという貧乏心が働いてしまって、眠いのに食べる、ということが良くあります。それが無くて、眠りに集中できるのはうれしかったです。

客室乗務員さんのサービスは、他の航空会社と比べると決して良いわけではないけど、そもそも関わる機会が少ないので、あんまり気にならない。

ちなみに手荷物を預けるのも有料なので、それは事前に予約時に手配していました。25kgで2,500円くらいでしたが、どこから申し込むかとかによって価格が変動するようです。

無事にケアンズに着きました! 朝5時に着いて、ホテルのアーリーチェックインを試みるも、全額のお金が掛かるとのことだったので、プールサイドで少し寝て、動物園とか行ってきました。

そのあたりは、また明日以降のブログで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください