南場智子さん、前田裕二さん「自分との約束を守る」

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

昨日は、日本最大級アプリの祭典「App Ape Award」のイベントがあり、 SHOWROOMの前田裕二さんと、前田さんのDeNA入社のきっかけを作った南場智子さんのトークイベントがありました。

モデレーターは、このイベントの主催者であるフラーの渋谷さん。

この2人のトークを聴ける機会なんて他には無い!

おもしろかったです!

「自分との約束を守る」

南場さん、前田さんのこれまでのエピソードがいくつか紹介されました。

前田さん入社前のエピソード

南場さん「早稲田大学に毎年講演に行っていた。ある年は、立ち見が出るほど、満員だった。それは前田さんが、友達に声をかけて動員していたからだと知って、人を動かせる人だなと思った。人を動かせる人は強い。」

南場さんが、何年も口説き落としたいと思っていたのが前田さん。新卒の面接のときにDeNAを受けて、なんと南場さんが自ら最終面接を担当。15分しか予定していなかったのが、15分延長。このときに、「半端ない芯の強さを持っている」と南場さんは感じたそうです。

そのあと内定の電話をかけたけど、その時は前田さんは入社しなかった。そのあとから、「口説きたいリスト」に入っていて、メールを送ったり、ご飯を食べに行ったりしていた。

前田さん「南場さんは、メールをLINEのように使っていた。件名が”4″とかなっていて、開かざるを得ない気になる件名だった。」

「DeNAに入らない?」という直接的な言葉は無いけど、「元気にしてる?」みたいな感じで、連絡を取り合っていたそうです。

前田さんニューヨーク時代のエピソード

南場さん「びっくりしたのが、前田さんが毎日朝4時にオフィスの席についているという話。飲み会があっても、どんなに遅くなっても、毎日朝4時には席についている。たった1つの自分との約束を破りたくないと言っていた。」

「自転車のサドルが何度も盗まれ続けて、ある時に諦めていた。それから、サドル無しで立ち漕ぎで自転車を走らせて、オフィスに行っていた。 」

「あのとき、大手町のギャングに打ち勝ったよね。」

南場さんの秀逸なたとえが、おもしろかったです。

この「自分との約束を守る」をとにかく徹底されているのが前田さん。そして、それを見て、口説き続けていたのが南場さん。

このあと、5年かけて口説き続けた前田さんが、DeNAに入社して、SHOWROOMを立ち上げることになった。実は、 SHOWROOMの前に、動画のサービスを立ち上げたが、うまくいかなったというエピソードも。

前田さん「この動画のサービスは、自分の想いというよりマーケットインでつくったサービスだった。このときに熱量の無いサービスをやっている場合じゃ無いと気づいた。そのあと、本気でSHOWROOMをやりたいと思って、立ち上げた。」

「天才は、多作」

前田さんが「天才は、多作」の例として挙げられていたのは、秋元康さん。

トークイベントや記事でも、よく秋元さんのお話をされています。
秋元さんは、40年以上、毎晩歌詞を書きつづけている。

この圧倒的な量があるから、抽象と具体の上げ下げの戦闘力が上がっていく。

「最初から質を狙うのではなく、圧倒的な量をこなす」ことが大切。

圧倒的な量をこなすことが、戦闘力を高めるということ。

量が質に転換する。

前田さんも、1週間でメモがモレスキンのノート1冊分。それだけの量のメモを取り続けている。

記録をするためのメモから、自分がアイデアを生み出すためのメモに変わっていったそうです。このイベントでも、メモされていました。

トークのなかでは、YouTuberのヒカキンさんのお話もされていました。

「コンテンツの更新頻度」と「親しみやすさ」がYouTuberの特徴。

ヒカキンが人気になった理由は、この2つがあって「身近」だったから。毎日YouTubeを更新して、しかも家の様子がわかる動画なので、より身近に感じられる。

これに加えて「インタラクション」(演者と観ている人とのやり取り)を入れているのが、SHOWROOM。

人との「出会い」を大切にする

さいごに、お二人から参加者へ一言。

前田さんから参加者へメッセージ。

  • 「こと」に向かう。
  • 一期一会の「出会い」を大切にする。

人に向かわずに、「こと」に向かうというのは、DeNAの共通言語になっていること。

誰についていくとか、誰に評価されるとかではなく、チームの目標や自分の目標に向かって、それに本当に集中してみる。ミーティングの場でも、誰がその意見を言ったかではなくて、「こと」に向かう。

この「こと」に向かうは、南場さんが大切にされていること。

これに加えて、前田さんが強調されていたのが、一期一会の「出会い」を大切にすること。

たとえば、南場さんからもらったメッセージ一つ一つに向き合って、大切にしてきたからこそ、今がある。出会いをほんとに大切にされているのが、このお話から伝わってきました。

そして、南場さんから参加者へもメッセージ。

「日本人は期待に応えることに縛られすぎている。自分の人生を、自分の力で彩り豊かにするために、解放して欲しい」

お互いの好きなところは?

前田さんが南場さんへ

  • 「変化に対する柔軟性がある」
  • 「要求レベルがめっちゃ高いから、自分が成長できる」

前田さんいわく、自分の戦闘力があがっていくと、自分を奮い立たせて成長させてくれる南場さんのような存在が、ほんとに大切になるとのこと。

南場さんから前田さんへ
「私は、人に対して嫌われてもいいからストレートに言ってしまう。もっと違うコミュニケーション方法があるんじゃないかと、前田さんが言ってくれた。その一言で、自分が”こと”に向かわずに、人に向かってしまっていることに気づいた。」

お互いにメッセージ

「これからの時代は、良い人材は閉じ込めるのではなく、解放することが大切。」と DeNA社内外にいる起業家を本気で応援するファンド 「デライト・ベンチャーズ」を始められた南場さん。

その南場さんへ、前田さんからメッセージ。

  • 「これからも、しばき続けて欲しい」
  • 「南場さんが始められたデライト・ベンチャーズの描いてる哲学に賛同している、サポートしていきたい」

あえてこういうイベントの場で「賛同している」というのを公言するところに、前田さんの愛を感じました。

そして、南場さんから前田さんへもメッセージ。

「これからも頑張って欲しい。お兄さん孝行の人間らしさを忘れないで欲しい」

お互いのリスペクトと愛が伝わってきて、お二人のトークが聴けて、すごくうれしかったです!

ありがとうございました!

2 Comments

竹内啓二

不格好経営読みました。

さっぱりスマートな印象ながら
人に対する愛と優しさ溢れる方ですね。

マザーハウスの山口さんとは異なる魅力。

山口さんは、芯の強さの裏の脆さに、
感情移入して手を差し伸べたくなる、
小説や映画のような物語。

南場さんは、危機的な状況の中でも、
なぜか笑えるエピソードや要素もあり、
ムダなくロジカルでゲームのような物語。

前歯折れ事件、夜中のアパート押しかけ、
中でも父親とのエピソードが面白く印象的でした。
そして最後の個別の仲間宛に綴られた感謝の言葉。

両者共に人を惹きつける引力が、
ものすごくある素敵な方ですね。

余談ですが図書館で何気なく手にした本。
垣谷美雨さんの小説が最近トレンドです。
初めて読みましたが、その面白さに、
立て続けに珍しく小説を読んでます。

小説以上、
ビジネス書未満とも言えるかもしれません。

農業の今後、定年後の孤独、女性の結婚、
老後の資金、非正規の問題、災害の裏側など、
誰にでも起こりうる社会問題に対して、
課題、失望、共感、期待含めて、
難しい内容を分かりやすく的確に表現された、
そうそうこういう本が読みたかった、
と久々に思えた著書です。

あくまで主観なのでサラッと流して下さい。

いつも長くなり散文で失礼します。

返信する
Natsumi Suzuki

「不格好経営」読んでいただいたんですね!!テンポと、南場さんの人柄が出てて、すごくおもしろかったです!

垣谷さんの小説!知らなかったので、ポチりました!
ありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください