「しがらみ」を漢字で表現すると?

今日は、昨日のブログの続きです。

昨日のブログでは、「山登り」型キャリアと、「波乗り」型キャリアの違いについて、参加したイベントで感じたことを書きました。

「波乗り」型キャリア。波に乗るための工夫。

「波乗り」型キャリアの場合、目標を明確に定めて、そこに向かって進んでいくのではなく、予測できない波も含めて、波に乗りながらキャリアを作っていく。

波は誰にでもやってくるので、その波に乗れるかどうかが大切になる。

  • 波に気づくこと
  • 波に乗れる準備をしておく=「浮いている」
  • 波に乗る =「夢中になる」

これに関連して、

よく「しらがみがあって、思ったように挑戦できない」という言葉を聞きます。

ここで言う、「しがらみ」ってなんでしょう?

という話が、イベントの中でもありました。

「しがらみ」を漢字で書くと、「柵」

そもそも、「しがらみ」って漢字で書くと、どうなるか?

考えたことも無かったのですが、「柵」という漢字だそうです。

しがらみ(柵)とは?

水流をせき止めるため、くいを打ち並べ、それに木の枝や竹を横たえたもの。せき止め絡むように束縛となるもの。

いわゆる、こういうのが「柵」ですよね。

Fence, Wood Fence, Fence Element, Garden Fence, Paling

「しがらみ」には、「身を束縛するもの」という意味があります。ものごとをせきとめたり引き留めるもの、また身にまとわりついて離れないものを指す時に使われます。

これを「波乗り」型キャリアに当てはめてみると、

Wave-Riding, Surfing, Rider, Surf-Board

乗ろうと思う「波」の流れが、しがらみ(柵)があると、せき止められてしまう。

流れは、せき止めちゃいけない。

しがらみ(柵)は、取り除いていく方がいい。

しがらみ(柵)が使われるようなケースを想像してみると、

「組織や人間関係のしがらみがあって、自分がやりたいことができない」

具体的な、しがらみに気づいているのであれば、それを取り除くように環境を変えるのもありと思います。

ただ、なかなか環境が変えられないのも分かります。

昨日のブログに書いたように、今自分がやっていることを「作業 ✕ 意味」に分解してみて、どの作業が好きか? その作業に、どんな意味づけをするか?

を意識することが、しがらみを取り除くことにつながるのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください