いい議論とはなにか?

今日で5日間連続で読書会をしています。

数ヶ月前はそんなこと思ってもみなかったのですが、読書会にハマっているわけです。

その理由は、いい議論をするのが好きだから。

読書会のファシリテーター養成講座に参加していて、「いい議論」について、色々と学んでいます。

今日は、「いい議論とはなにか」のテーマで書いていきます。

目的が明確であること

そもそも、いい議論とは何かを考えるうえで、その議論が何のためにあるか?の目的が大切。

参加者ひとりひとりが、議論に参加する目的が明確になっていること。

たとえば、読書会であれば、

「⾃分の意⾒を発⾔し、⼈の意⾒を聞く ことから、⾃分の意⾒がさらにアップデートされること。」となる。

これは議論に参加するメンバーを募集するうえで、その募集のときに明確化されていることが良い。

全員が「いい議論」の⽴役者になること

よく会議とかで発言はしないけど、その場にいるだけで良しとされる風潮が日本ではある。

私も、その風潮に甘えてしまうことがあるのも事実。

でも、「いい議論」とは、全員がいい議論の立役者になること。

つまり参加しているのに発言しない、という人がいない状態を目指す。

そのために大切にしたいことは

  • 他人に関心を持つ(心理的安全性)
  • 話すより、聞く姿勢
  • いい問いを投げる

よく「心理的安全性」という言葉も聞きますが、やはり「いい議論」をするうえで、必要になると思います。

なので、議論の前に自己紹介をしておく、もしくは議論の最初に自己紹介をするとか、他己紹介をするとかで、「他人に関心を持つ」機会をつくる。

この前のブログで、「他己紹介が盛り上がった件」について書きました。

なんで、人は「自分のことを知ってもらう」のが好きなのか?

お互いのことを良く知っていると、あの人はどう思うのかな? と意見が聞きたくなるし、その人の意見を引き出せるようになると思います。

ファシリテーターはもちろんですが、ファシリテーターじゃなくても、全員が議論に参加できるように、目配り、気配りすることが大切。

もし参加していない人がいれば、「〇〇さんは、どう思いますか?」と話しを振ってみるとか。

他人に触発される

議論というのは、2人以上でやるもの。

参加者が、ただただ自分の意見を言って、それをシェアしあって終わりであれば、何の意味もない。

誰かの意見に触発されて、「あー、〇〇さんの意見を聞いて、私は今こう思った」とか「〇〇さんの意見から、今気づいたんですけど」と話が発展していくのが、いい議論。

ただ自分の意見を言いたいだけだと、いい議論にならない。

どれだけ、お互いが触発しあって、その会の前には考えてもいなかったような気づきが得られるか?

参加者ひとりひとりの気づきの総量が、いい議論の証なんだと思います。

参加者としては、他人の意見にきっちり耳を傾けながら、そこから触発された自分の意見を言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください