「メモの魔力」ノート選びに苦戦!やっと買いました。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

みなさんは、どんなメモ帳、ノートを使っていますか?

私は『メモの魔力』の本を読んでから、自分用の文房具を見直しています。著者の前田裕二さんも、先日の講演でとにかく自分のお気に入りのメモ帳、ノート、ペンを持つことから始めたほうがいい、とアドバイスされていました。

そのアドバイスを聞いてから、自分のお気に入りになるような文房具を探していました。でも、意外と見つからない!やっと、良いのが見つかったので、今日はメモ帳、ノート選びについて書いていきます。

メモ帳、ノートに必要な3つの条件

まず、メモ帳、ノートに私が必要と思う条件を洗い出してみました。
ざっくり挙げると、こちらの3つになります。

  1. 方眼 
  2. サイズはB5もしくはB6、リングノート
  3. デザインに、こだわりがある

1. 方眼

まず1の方眼ですが、これ『メモの魔力』のメモを実践しようと思うと必須ですよね。こちらが横罫と方眼のちがい。図の下が方眼です。

ここで感じたのが、世の中意外と「横罫」ノートが多い!ということ。

たしかに、自分が学生のときも「横罫」ノートを使っていました。『メモの魔力』の実践はもちろんのこと、 字や表を書きやすいノートとして、最近特に人気のある方眼ノート。マス目があることで、字のバランスを整えやすく、手書きでもきれいな表などを書けるのが人気の秘訣です。

2.サイズが B5もしくはB6、リングノート

次にサイズなのですが、これは使うシーンによって、欲しいサイズが変わってくるかなと思います。

私が、仕事用にずっと使ってきたサイズは「B6」です。手のひらサイズでは小さいけど、大きすぎないのでバランスがいいです。

でも、『メモの魔力』のファクト→抽象化→転用を、すべて書こうとすると「B6」はちょっと小さいんですよね。

A4でもいいけど、ちょっと大きいかなと。B5くらいが持ち歩けるし、いっぱい書けるので嬉しいです。

そしてリングノートが、個人的には好きです。見開き型ノートだと、場所を取るのと、見開きしたところが書きにくいんですよね。なので、リングノートがやっぱり好きです。

3. デザインに、こだわりがある

やっぱり持つからには、ちょっとでもデザインにこだわりがあるのが良いですよね。これが結構苦戦したポイントです。結構、1と2の条件を満たすのはあっても、黒とかシンプルなものが多い。例えば、こちらの コクヨのソフトリングノート。機能性は良いけど、デザインが黒しかないので、シンプル過ぎるかなと。 

結局、何を買ったの?

悩みに悩んで、どんなものを買ったのか?を公開します!

しっかりメモを取りたいとき用

葉っぱのデザインと、木目のデザインが、とても気に入ったB5のノートです。

こんな感じで、葉っぱが2種類。木目が2種類のリングノートです。

たまたま楽天でセールがやっていて、安く買えました。定価でも400円なのでリーズナブルです。たっぷり80シートなので、まあまあ重いですが、何よりデザインが気に入りました!

【今だけ 50%OFF 半額 セール】【リングノート 方眼 B5】エトランジェ・ディ・コスタリカ GREENシリーズ ダブルリングノート B5 方眼 80シート(GRN-25)【グリーン 葉っぱ リーフ B5ノート デザイン おしゃれ】

created by Rinker
¥220 (2019/12/05 20:25:08時点 楽天市場調べ-詳細)

仕事で持ち歩く用

これは、今まで愛用していたロールバーンを引きつづき使おうかと思っています。

ロルバーンとは?

ドイツ語で「滑走路」の意味を持つ『ロルバーン』。
「シンプルで飽きのこないデザイン」と「機能性」を兼ね備えた、国内メーカーDELFONICS社が2001年に発売したロングセラーノートです。

パタンと180度開けるリング式のノートで書き込みやすく、ノートは5mm方眼で切り取り線が入っており紙は目にやさしいクリーム色。カラーやサイズも豊富なでリピーター愛用者も多い。このLサイズが、私にはちょうど良い感じです。

ちょっとメモしたい用

これ以外に、やっぱりモレスキンも欲しい!と思って、探していました。方眼でデザインが気にいるモレスキン。手のひらサイズの、ピンクのモレスキンにしてみました。

まだまだ試行錯誤中なので、いろいろ試してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください