「制約」があるから、おもしろい

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

今日は、昨日のブログのつづきです。

仲山 進也さん×若宮和男さん「どうやったら夢中になれるか」

こちらのイベントの中で、「制約があるから、おもしろい。」という話が出てきました。

共感すると同時に、「制約」を言い訳にして、できないと嘆いてしまうことも良くあるのに気づきます。

「制約があるから、おもしろい。」というのを、頭に刷り込みたいので、今日はこのテーマで書いてみます。

サッカーは、「ハンド」という「制約」があるから、おもしろい

あたりまえと思うかもしれないのですが、サッカーは「手を使えない」=「ハンド」という制約があるから、おもしろい。

一見、理不尽と思える、この「制約」。

だれが決めたんだろうと思える、この「制約」。

「遊び」も同じで、かけっこをするにしても、「乗り物には乗っちゃいけない、自分の足で走る」みたいな制約のなかでやるから、おもしろい。そして、子供と大人がかけっこする時には、ちょっとハンデをつけて、子供のスタート地点を調整したりする。これも1つの「制約」。

  • その「制約」は、ほんとに変えられないのか?
  • 変えられないのであれば、「制約」のなかで、どうやって工夫するか?

英語では「Given condition」と表現されて良く会話に出てくる気がしますが、この制約は、ハンドのような変えられないルールなのか? をまず考えたほうが良いですかね。

制約と思っていながら、実は誰かが勝手に決めたルールで、変えられることもあるから。

たとえば、「会社の理念」も「制約」の1つだよね、という話がありました。

「会社の理念」は、さすがに変えられない。

では、この理念のなかで、どういうことを工夫してやるか?

フェンシング協会会長の太田雄貴さんが、「イノベーションは制約条件のなかでしか生まれない」と言っていました。

『SHARE SUMMIT 2019』 TOKYO2020 ~シェアによるおもてなし〜

フェンシングという、プレイヤーの顔が見えない、ルールが分かりにくいなどの制約条件もありながら、そのなかでテクノロジーを使った改革など、イノベーションを生み続けている。説得力があるお話でした。

  • ✕「制約」を、できない理由にしてしまう
  • ○「制約」を、おもしろがる

ことを意識していきたいなと思います。

「お金がない」という制約の中で、かるたを創ってます

私たち母親アップデートコミュニティは、いま「母親アップデートかるた」を創ってます。

実は、かるたを創るのって、業者さんに頼むと結構するんですよね。数十ロットでも、10万円とかしたりする。

「だったら、紙でプリントして切り取り線を入れて、受け取った人が作るようにしたらどう?」

「通常のかるただけじゃなくて、何か仕掛けがあったら、おもしろくない?」

とか、色々と工夫を出し合って、作業を進めています。

「これも手作りできるんじゃない?」と言って、サンプルで箱を買って、バーナーで模様を入れたりして。こんな多彩なメンバーに囲まれていることがすごい。

ちょっとまだサンプルですが、こんなのを創ってくれたりしています。見本となる「かるた」を入れる箱のイメージです。

今日ここに書いたのは「かるた」のことだけですが、それ以外にも「旗を作ろう」とか、「顔はめパネルを作ろう」とか、色んなアイデアをだしあって、進めているのがすごいです。

制約があるから、おもしろい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください