事業会社のマーケティングに求められる3つの役割とは?(2018年版)

こんにちは、Natsumiです。

 
私はマーケティングを担当して7年になります。
就職活動をしていた時からマーケティングをやりたいと思って、いろいろなメーカー、企業を受けていました。

 
よく言われるのが、営業や現場を経験してから、マーケティングを担当したほうが良いということ。
その意味で、新卒でマーケティングに配属されるのは稀です。
私の場合は、IT企業の”アカウントサポート”というエンジニア職でキャリアをスタートしました。
そのあと、社内公募でマーケティングに異動して、今に至ります。

 
マーケティングには、

 
代理店で、事業会社の支援をするマーケティング (例:電通など)
事業会社で、自社のマーケティング (例:コカ・コーラ、P&Gなど)

 
という2つのアプローチがあります。

 
私の場合は、後者の「事業会社」のマーケティングを担当しています。
「自社の製品・サービスに愛着をもって、ビジネスを伸ばすためのマーケティングがしたい」と思っているからです。

 

事業会社のマーケティングに求められる3つの役割とは?(2018年版)

 
デジタルなどのテクノロジーの進化により、マーケティングの手法も多様化しています。
事業会社のマーケティングに求められる役割も、5年前と比べて大分変わってきています。
では今、どのような役割が求められているのでしょうか?

 
1. 「人の心・行動を動かす」役割

     
    マーケティングは、いかに人の心を動かし、行動してもらうか?が重要です。

     
    営業担当者と話して購入を決める、というのが当たり前だった時代から、
    お客様は「デジタル」で情報を収集するようになりました。

     
    「デジタル」や「リアル」のコミュニケーションを、いかに組み合わせるか?
    ・そのコミュニケーション全体で、いかに人の「心を動かす」か?
    ・口コミを増やす、商品を買ってもらうなど、いかに「行動してもらう」か?
    ・マーケティング施策の効果を、データで可視化して、改善サイクルを回していく
     

2. 「リーダー・プロデューサー」の役割

     
    マーケティングは、社内外の人をまとめる「リーダー・プロデューサー」として、
    目標に向かってプロジェクトを回していく役割があります。

     
    社内だと、例えば
    「営業」と、戦略やビジネスプランを立てる
    ・そのほか「製品部」や「エンジニア」「コンサルタント」などと、ソリューションやコンテンツを創る

     
    社外だと、例えば
    「代理店」「パートナー」とプランを作り、実行する
    ・効果を計測し、改善する

     

3. 「経営者」の役割

     
    企業としては、利益を出す、売上を伸ばす、ということが重要です。
    そのために、その製品、ブランドの「経営者」として、どう売上を伸ばすか?ということが求められます。

     
    ・限られた予算から、どのように効果を最大化するか?
    ・短期的、長期的に売上を伸ばすための「仕組み」を作っていく

     
    デジタルによって、データが可視化できるようになりました。
    マーケティングは、これまで以上に売上を最大化する「経営者」としての役割が、
    大きくなってきていると感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください