「対話」をする一日

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日は、「対話」をする一日でした。色々と新しい人と出会うなかで、「対話」をする時間は、すごく大切で、且つすごく楽しい時間です。

「対話」って、あんまり意識したことなかったのですが、最近この重要性に気付かされています。

昨日は、朝活として、NewsPicksキャリアゼミで一緒だった方々とオフ会で「対話」。そして、夜は、コーチングセッションで「対話」してきました。

キャリアゼミのことは、先日のブログに書いていますのでリンク貼っておきます。

NewsPicksアカデミアゼミ 「天職を見つけるキャリア論」

人との対話により、 自分の心の中にあるモヤモヤが晴れたり、新たな気づきがあったり、1人ではできないことができると実感しています。

改めてキャリアゼミで「対話」をしていたときの3つのルールについて、引用します。

  1. 自己 ・・・見たくない自分も含めて、向き合う
  2. 他者 ・・・仲間にコミットメントする
  3. 行動 ・・・非連続な成長に向け、実践・行動する

これがほんとに重要で、このルールは常に意識していきたいです。忘れないように、このルールについて今日は書きたいと思います。

見たくない自分も含めて、向き合う

これがルールの最初に来ているのは、すごく意味があると思っています。自己分析需要が高まっている今日この頃ですが、私も『メモの魔力』の本の自己分析ノックだったり、自分と向き合う時間は、積極的に取るようにしています。

このときに「見たくない自分も含めて、向き合う」ということ。自分のコンプレックスだったり、弱みだったり、人に言いたくない過去だったり。

最近「自分と向き合う」手法としては、自己分析ノック以外には、

  • ライフラインチャート
  • マインドマップ

を使っています。

ライフラインチャート

ライフラインチャートは、自分の人生を振り返って、「これから自分はどうありたいか?」を考えるキッカケになりますね。

Webサイトから抜粋すると、こんなイメージです。(私のでは無いです)

「ライフラインチャート」の画像検索結果
All Aboutの記事より

人生の「山」と「谷」の時期に、自信はアップダウンするので、その心境の変化から自分の強みや価値観を知ることができる。

昨日の対話では、これを使ってこれまでの人生を振り返りました。

ライフラインチャートは、アップダウンが目で見て分かります。特に下がっている所を、対話で共有するときは、結構感情が入り混じり、聞いているだけでも泣きそうになってしまうことがよくあります。

マインドマップ

最近はライフラインチャートを使うことが多かったのですが、マインドマップも使ってみました。こちらは、自分の価値観、大切にしている想いを浮き彫りにする感じですかね。

手書きでも、こちらにあるようなツールでも出来るようです。

XMind

FreeMind

なんだかツールの紹介みたいになってしまいましたが、重要なことは 「見たくない自分も含めて、向き合う」 ということですね。話を一気に戻してみました。(笑)

仲間にコミットメントする

なかなかライフラインチャートや、マインドマップを使って、自分の人生や価値観を人に共有する機会がなかったのですが、最近はこの時間がたまにあって、ほんとに貴重な時間と思っています。

昨日の朝活でのゼミ生との「対話」は、たった90分だったけど、おかげで深い話ができました。

自分をさらけだす

ライフラインチャートやマインドマップで「見たくない自分も含めて、向き合う」ことをして、さらに仲間にそれを共有して「自分をさらけだす」ことは、ハードルがあります。

まずは「自分をさらけだす」ことで、仲間にコミットメントする。そうすることで、仲間も「自分をさらけだす」ことができるようになる。お互いの価値観、想いを共有できるようになると思っています。

言葉で言うのは簡単ですが、なかなかハードルが高いのも事実。じっくりと「対話」する時間を作って、その空間を作って、「自分をさらけだす」ことは意識していきたいですね。

今日は「母親アップデートコミュニティ」でワークショップを実施し、みんなで対話する時間があります。その事前準備としてマインドマップをFacebookグループ上で共有することにしました。いきなり「自分をさらけだす」ことにハードルを感じた方も多いと思いますが、それでも共有してくれたことが有り難いし、ほんとに嬉しいです。

今日のワークショップでは、1人あたりの時間が5分弱しか取れないのですが、「対話」をできるのが楽しみで仕方ありません。

仲間と「対話」をする時間は、積極的に取っていきたいと改めて感じました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください