1分であたりまえを疑え!ナイトで、「1分プレゼン」してきました。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日は、こちらのイベントに行ってきました!

1分であたりまえを疑え!ナイト in 原宿(伊藤羊一×澤円 presents)

世の中のあたり前を斬ってポジティブに見直す新感覚1分プレゼンショー

伝え方の大切さを説く著書「1分で話せ!」が大ヒット中の伊藤羊一と、著書「あたりまえを疑え」が大ヒット中のプレゼンの神・澤円がタッグを組んで、世の中のあたりまえを疑い、そこにどう対峙していくかを1分で宣言するショートプレゼンイベントを電撃コラボ開催!!名づけて「1分であたりまえを疑え!ナイト」!!

昨日の夜のことですが、まだ興奮が冷めません。何というかロックのライブを観に行って、帰ってきた感じ!すごく熱いライブに参加できた幸せ!!

ここで人生初の「1分プレゼン」をしてきたので、その振り返りもしてみたいと思います!

みんなの「1分プレゼン」が熱すぎる!

今回プレゼンターとして行ったのですが、みんなの「1分プレゼン」が熱すぎて、ほんとに感動しました!

「1分プレゼン」ショーの参加自体が初めてだったのですが、

プレゼンは生き様だ

これは羊一さんがおっしゃっていた言葉です。これを、身をもって体感しました。たった1分という限られた時間ですが、それでもその人の生き様が分かります。

自分の過去、現在を振り返って、未来を考えること

これをひたすら毎日毎日、歯を磨くようにやり続けているという羊一さん。

そうすることで、自分の軸が明確になって、それがプレゼンにあらわれてくる。

だれかのチャレンジが見れる場

印象的だったのは、「普段はプレゼンが苦手なんです。だからこそ、ここで勇気をもってプレゼンすることにしました。」という方が何名か居たこと。

すごく、気持ちわかります。

そして、こういうチャレンジを見て、刺激を受けた人が多かったのではと思いました。

澤さんいわく、パブリック・スピーキング(プレゼンなど)は、世の中の人が最も恐れること。なので「場数を踏むことが、とにかく大事」とのことでした。

去年1年間のプレゼン数は、

伊藤羊一さんが、297回!

澤円さんが、287回!

だったそうです。

たしかに、私自身は今回反省点が多々あるのですが、これが2回、3回と経験を重ねていったら、もっと良いものにできるという気がします。

このライブでは、ひとりひとりに “チャレンジ” があって、それを見れたのが何より良かったです。

今日という1日はもう来ない。なので、1日1日を大切に行動しよう

ご自身が、5年前に癌のステージ4を患い、そこから復活された方のプレゼン。しかも、自分の声そのままで、想いを伝えたいということで、マイクを使わずにプレゼンされていました。

ご自身の経験から、

「明日が来る」というのは、あたりまえのことではない。

1日1日の大切さを身をもって実感された。

「今日という1日はもう来ない。なので1日1日を大切に行動しよう」という強い想いに、感動しました。

「どうせ無理」をやめよう

大企業で前例のないことにチャレンジしてきた方のプレゼン。新しいことを立ち上げるときに、かならず「どうせ無理」と言われてしまう。「どうせ無理」というのが、そもそも思考停止。チャレンジを生まないので、この言葉を辞めるべき。「みんなで、そのあたりまえを変えていきたい」という想いに勇気づけられました。

表現方法は、人それぞれ

1人1人の個性がでていて、表現方法も全く違っていました。

観客席を歩き回る方や、クイズ形式にしていた方や、就活アイドル的スタイルなどなど。

個人的に学んだこと

  • マイクのポジションを決める(マイクをあごに付けて固定)
  • 参加者がすぐにできるアクションを強調する(プレゼン終わったら〇〇してね、と呼びかけするなど)
  • 強調したいところは、間を取ってゆっくりしゃべる
  • 自分の体験をいれる(相手に情景をイメージさせる)
  • 最後の締めの言葉を決めておく

澤さんのプレゼンテクニックも、アドバイスがありました

  • 自分のベストな立ち方を言語化しておく
  • マイクを持った反対の手を置く場所を決めておく
  • 最後の「ありがとうございましたー」を、音程を上げて終わると、聴衆は拍手がしやすくなる。ソのイメージ。

「母親」のあたりまえを疑え

わたしがプレゼンした内容も、すこし共有させてください。

母親のあたりまえ「3K」を辞めます

「3K」とは、

  • 家事
  • 子育て
  • 会社

「全部100点」にしなければいけないという、あたりまえを辞める!

仕事をバタバタと終えて毎日5時に帰って、保育園に子どもを迎えに行って、料理作って、寝かしつけして、また仕事を再開する。自分のやりたいことは我慢する。

コミュニティを作りました

そんな、母親のあたりまえ「3K」を「3A」にアップデートするために、コミュニティを作りました

「3K」から「3A」へアップデート!

「3A」とは、

  • あわせて100点!
  • ありのまま!
  • あそべる!

コミュニティメンバーは120人になりました!

その中には「週5で飲み会」に行っているメンバーもいます!

みんなの経験・スキル・価値観をシェアしあって、母親を「3A」にアップデートしていきます!

スライドは使っていませんが、イメージ的にはこんな感じです。

一番の失敗は、3Aの「あわせて100点」が長くて分かりづらいということ。フィードバックいただいたのは、「韻を踏んで言いやすくする」とか、そのまま会場でた後とも「誰かに言いたくなるワード」にすると、もっと良くなるよ、とのことでした。

余談ですが、このなかで一番の盛り上がりを見せたのは、「週5で飲み会」に行っている母親、コミュニティメンバーの話。

※コミュニティについては、こちらのブログで書いています。

WEEKLY OCHIAI発「母親アップデートコミュニティ」作ります!

ちょうど、このメンバーと、このイベント終わりの23時に六本木で待ち合わせしてました。話を聞くと、昼間は大阪出張に行っていて、昼間から飲んでいたらしい。

待ち合わせした目的は、「突撃」

このコミュニティで実施するイベントの会場を探してて、あるビッグ企業の会長に「貸してください」と突撃依頼するということ。

これだけだと全く意味が分からないと思いますが、私も同じく「突撃」の意味が分からなかったんです。

「23時に六本木ね、突撃しよう!」という言葉だけで、よくわからないけど、「その勢いに乗った!」という感じで行ってきました。(笑)

もう1つ余談です。プレゼン終わりに「3Aの話、良かった!」と話しかけてくださった方が、たまたま前日にTeam WAA!のイベントで隣に座っていた方でした。すごい奇遇で嬉しかったです!

笑いあり、涙ありの、熱いライブでした!!ありがとうございました!!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください