Weekly Ochiai 「母親をアップデート」コミュニティ作ります!

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

今日もいつも通り、朝5時起きでこのブログを書いておりますが、ちょっと寝不足。そしてとてもワクワク、ドキドキしています。

なぜかというと、昨日「Weekly Ochiai」というメディアアーティスト・ 落合陽一さんの番組に観覧に行ってきたからです。そしてこの番組のテーマである「母親をアップデートせよ」という目的で集まった”母親のコミュニティ”を作ることになりました!

今日は、昨日の番組観覧で感じたことを、コミュニティが始まるワクワク感を感じながら綴りたいと思います。

Weekly Ochiaiとは?

まず、「Weekly Ochiai」の説明からさせてください。

 
ソーシャル経済メディア「NewsPicks」で毎週水曜22-23時に生放送されている。メディアアーティスト・落合陽一さんの番組。毎週いろいろな業界のゲストが来て、「アップデート」をテーマにディスカッションが行われます。

NewsPicksプレミアム(会費1,500円)という有料会員だと観れる番組です。ちなみにNewsPicksアカデミア(会費5,000円)だと、この番組の収録観覧ができます。

ちなみに、恥を承知でお伝えすると、私はもともと「ニュース嫌い」で日経新聞もろくに読んだことがありませんでした。そんな私が、数ヶ月前にNewsPicksを見るようになってから、この面白さにハマり、先月からついにNewsPicksアカデミアの会員になっちゃいました。このアカデミアも素晴らしいので、それは別の記事で書きたいと思います。

テーマは「母親をアップデートせよ」母親ユーザーを50名観覧募集!

いつもの「Weekly Ochiai」は、NewsPicksアカデミア会員が中心に観覧されています。ところが、今回はなんと母親ユーザーを限定とした観覧募集がなされました!こちらがその時のツイート。

https://twitter.com/NewsPicks/status/1086428528747384833

私は、この観覧募集を見て、すぐに申し込みました!

でもこの観覧募集には賛否両論あって、

  • 22時-23時の時間は、特に小さい子どもがいると家を空けられない?
  • いつもは寝ている時間?
  • 翌朝の準備があって、参加できない?
  • リモート参加はできないの?

などなどのご意見が。これらのご意見は、ほんとによく分かります。

このような多種多様なリアルな意見が飛び交ったことに、改めてこのテーマを取り扱うことの重要性を感じました。

私自身は、4歳の子どもを持つワーキングマザーです。普段は22時に寝ています!でも、このテーマで、これだけの母親ユーザーが集まる会に参加しない理由はない!と思い、応募してみました。

正直申し上げると、上記のご意見も飛び交っていたので、そこまで応募も無かったのでは?と思ったのですが、結果的に応募が多く、抽選になったようです。運良く、当選できて、参加できてとてもラッキーでした!

いよいよ観覧開始!いや、観覧でなくて議論だった!

当日どんな観覧になるかドキドキしながら行ったのですが、観覧というよりむしろ議論でした!この”ライブ感”がNewsPicksの魅力。

なにか特別な準備があるわけではなく、申込み時に取ったアンケートを5つにカテゴリ分け。各自が色紙に「自分の課題」を書いて、それについて議論することになりました。

テーマは、こちらの5つ。

  1. 子育て、教育
  2. 家族関係
  3. キャリア
  4. 女性としての生き方
  5. 社会制度、価値観

と、ここで落合さんが登場!

50名の母親ユーザーに「女子校みたい!」と大興奮で入ってきました!

そして、今回のゲストは、 花まる学習会代表の高濱正伸さん 。前回「父親をアップデートせよ」の回が、物議を醸し出したようで、とても楽しみでした。

熱い議論スタート!

とにかく感じたのは、今回観覧に来ている皆さんは、この「母親をアップデートせよ」というテーマに対して、それぞれの課題感を強く感じているということ。そして「女性が活き活きと働く、暮らせる社会」を作っていきたい、という熱い想いを持っているということ。

それを象徴するように、遠方(岡山、岐阜など)から来ている方も多数いらっしゃいました。そして、観覧が始まる前から、隣に座っている母親ユーザー同士で話し込む姿が、とても印象的でした。

皆さんの抱えている課題は、多種多様。たとえば、子どもの年齢によっても、抱えている課題は異なります。私の心に刺さった3点について書きたいと思います。

  1. 「母親」は完璧でなくていい。
  2. 夫やサポーターは、「優秀な部下」だと思え。
  3. もっと「外」と繋がろう。

1.「母親」は完璧でなくていい。

まず、私が前から思っていること。「母親は完璧でなくていい」ということについて、高濱さんから全く同じ意見がでて、共感しかありませんでした。

ワーキングマザーは、「子育て」と「仕事」の両立が必要と言います。私もそうだったのですが、どちらも100点を目指してしまう。でも、「仕事」だけだったときから比べると、働く時間も限られるし、全く同じ働き方ができない。

「子育て」と「仕事」の どちらとも100点を目指さなくていい。
それぞれ「50点」でいい 。合わせて「100点」なんだから。

ついつい、育休から復帰したあとは、完璧を求めてしまっていました。「子育て」を言い訳にして、「仕事」ができないと言いたくないし、その逆もしかり。でも完璧にやろうとして、料理もしっかり毎日作りたいけど、できない。そんな状態に疲れ切ってしまって、中途半端になっている自分を嫌になったりしていました。

でも、2つのことをやっているんだから、どちらも「50点」でいいんだよ、合わせて「100点」を目指せばいいよ、という言葉は、心に刺さりました。

2. 夫やサポーターは、「優秀な部下」だと思え。

私がアンケートで書いたのは、5つのカテゴリのうちの「社会制度、価値観」についてです。ちなみに、こちら。

「母親」 = 「家事、お迎え」

からの脱却

子どもが乳幼児のうちは仕方が無いかな、と思いますが、それ以降(1-2歳ころから?)は、父親も母親も同じような勤務形態であれば、同じように家事、お迎えを分配してもいいのかなと思います。

どうしても家事、お迎えは「母親」の仕事というイメージは、世間一般にあって、これらを「父親」やサポーターにお願いすることに”申し訳無さ”を感じてしまう。

私はやりたいことをやれている、すごく恵まれた環境だと思っていますが、そうでない方は多い。キャリアを諦めるなど、自己犠牲している「母親」が多いのでは、と感じています。

これについての、高濱さん、落合さんからのアドバイスはこちら。

  • 夫やサポーターは、「優秀な部下」だと思え。
  • お願いしたいことを「タスク」に落として、「タスク」でお願いしよう。
  • たとえば、お迎えの用意を固定するとか。(月・水・金は、夫がお迎え)
  • 家にホワイトボードを置こう。
  • ホワイトボードにはタスクや、言葉で伝わらないことを書こう。
  • Googleカレンダーで、スケジュールを共有しよう。

この中で、Googleカレンダーで「シフト制」みたいに、今日のお迎えは夫にお願いする日とか、は実践していました。

目からウロコだったのは、「優秀な部下だと思え」ということ。

3. もっと「外」と繋がろう。

番組最後の高濱さん、落合さんからの一言はこちらでした。

つながりの中におく!

高濱正伸さん

土日に複業

落合陽一さん

お二人とも仰っているところは一緒で、「外ともっと繋がろう」ということ。私もそうなのですが、「母親」って結構疲れてイライラすることがあります。でも、外ともっと繋がって、同じような悩みを抱えている人と話したり、ぜんぜん違う価値観の人と話して刺激をもらったりするのは、ほんとに重要と思います。

グラレコ(グラフィックレコーディング)の実演もあって、気づいたらこんな素敵なまとめができていました!

「母親アップデート」コミュニティを作ることに!

そして、番組の最後に、モデレーターである佐々木紀彦さんから提案が!

この「母親」ユーザーで、コミュニティを作ってもいいんじゃないですか?だれか、コミュニティマネージャーやりますか?

「これはやりたい!」と思って、気づいたら、勢いで手を挙げてました!

というわけで、これから「母親アップデート」のコミュニティ作ります!

まだ何も決まっていませんが、こんな熱いコミュニティができたら、きっと日本の「母親」をアップデートできそうな気がします!すごくワクワクしています。

女性だけのコミュニティでやっていること、とならないように、しっかり男性サポーターも巻き込んでいきたいと思います。日本を代表する超強力な男性サポーターが既に3人もいる!ってすごくないですか!

  • メディアアーティスト・落合陽一さん
  • 花まる学習会代表・高濱正伸さん
  • NewsPicksのCCO・佐々木紀彦さん

司会の石山アンジュさんも、相変わらず素敵でした!

気づいたら、昨日の観覧は1月23日でした。「1、2、3」と始まりに最適な日だったんですね。何かが始まりそうな予感が、朝からしていました。

NewsPicksのツイートより引用

「母親アップデート」コミュニティを、みなさんで一緒に盛り上げていきたいです!まずはFacebookでグループ作って、今回参加された方に連絡いくように調整します。ぜひぜひコミュニティへのご意見などありましたらいただければ助かります!

一緒に運営を盛り上げていただける方もいらっしゃればご連絡ください!よろしくお願いします!

14 Comments

佐々木

残念ながら、抽選から外れてしまったので、ライブ配信で観てました!コミュニティマネージャー就任おめでとうございます㊗️私も入れてください。

返信する
Natsumi Suzuki

ありがとうございます!コミュニティ運営については、ちょっと検討して、ご連絡しますねー

返信する
杉本絵吏

こんにちわ。昨夜はお疲れ様でした。
凄い!昨日の事なのにもう完璧に纏まってる!!
コミュニティーの運営、ぜひ手伝わせて下さい。一緒に楽しめたら嬉しいです。

返信する
Natsumi Suzuki

杉本さん、ありがとうございます!Facebook グループはできているのですが、いま調整中ですので、追ってご連絡させていただきますねー!

返信する
Ariko I

まだ番組の冒頭部分しか視聴できていないのですが、先にこちらを読ませていただきました。よくまとまっているのにとても盛り上がった感じがよく伝わります! 海外在住なのであまりお役に立てないかも知れませんが、是非コミュニティ参加させてください。

返信する
Natsumi Suzuki

そうなんですねー、嬉しいです!!コメントありがとうございます!現在コミュニティについては、調整しておりますので、追って皆様にはご連絡するようにいたします!

返信する
奥脇菜穂子

母親をアップデートする、素晴らしかったです!
現在東京郊外でリモートワーク秘書をする、男子二人の母です。
つながりを持つ、その一歩として、是非コミュニティ参加したいです!

返信する
Natsumi Suzuki

奥脇さん、コメントありがとうございます!!当日遠方からいらっしゃった方もいましたが、来れなかった方々も多いですよね。コミュニティへの期待値も高くて、驚いています。いましばらくお待ちくださいませ。

返信する
Nahoko Okuwaki

初めまして!私は観覧を諦めましたが、共感の嵐でした。。
東京郊外でリモートワークしながら子育てしてます。
つながりの第一歩、勇気を出して、ママコミュぜひ参加したいです!

返信する
Natsumi Suzuki

Nahokoさん、コメントありがとうございます!そうですよね、当日観覧に来れなかった方々もいらっしゃると思います。そういう方も参加できるように調整しますので、今しばらくお待ちくださいませ!

返信する
野島麻未

すごくわかりやすくまとまっていて、ワクワクしました!
是非コミュニティ参加させてください!

返信する
Natsumi Suzuki

野島さん、ありがとうございます!コミュニティについてはNewsPicksさんと調整中のため、改めて皆様にご連絡させていただきます。もう少々お待ちくださいませ。

返信する
こまつともこ

この回の観覧行ってみたかったです!私も新聞はたまにしか読まないですが、この番組にはまり、落合さんにはまり、世の中のことをもっと知りたい、もっと良くしたいと熱量が上昇中のママです。ぜひ参加したいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください