ラスベガス出張。Women leadersと噴水とシルクドソレイユ

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日はラスベガス出張3日目! 自社イベントの Women leaders in Technologyという女性活躍推進/ダイバーシティ的なセッションを受けたり、噴水やシルクドソレイユを観に行ったり、濃い1日を過ごしました。昨日の1日を丸っと書きたいと思います。

女性活躍推進は、グローバルの課題

昨日は自社イベントの視察ツアーのセッションとは別に、Women Leaders in Technologyのセッションがあり、そちらに参加していました。こちらも自社イベントのセッションの1つです。こんなに女性が参加していて、注目度が高かった。

やっぱり、決められたセッションに参加するよりも、自分で意思を持って参加するセッションのほうが学びが多い。

Women Leaders in Technologyでは、3つのプログラムがあり、「女性活用推進について、みんなで考えよう」的な内容でした。女性活躍推進は、日本だけではなくてグローバルの課題なんだな、と感じました。

  • Keynoteのセッション/女性リーダーによるパネルディスカッション
  • ネットワーキングランチ
  • 男性リーダー(サポーター)によるパネルディスカッション

Keynoteでは、Jeffery Tobias HalterさんというYWomenのCEOが来て、今の現状と私たちが何をすべきか?ということをお話されていました。

YWomenとは、企業に対する女性活躍推進のコンサルティングをやっている会社。Jefferyさんは、『WHY WOMEN, The Leadership Imperative to Advancing Women and Engaging Men and Selling to Men』という本も書かれています。

ちなみに、Jefferyさんのお話は、こちらのTEDの動画でも観れます。

男性は、自分ゴト化して”サポーター”になること

男性も女性の気持ちになって、自分ゴト化して”サポーター”になろうということを、このハイヒールを履いて、ビジュアルで表現していたのは分かりやすかったです。

「Jeffery Tobias high heel」の画像検索結果
YWomenのサイトより

女性活躍推進が言われているものの、まだまだグローバルで見ても、女性リーダーは少ない。これをスライドで表現すると、20足中、3足が女性。(Fortune500社?の、女性リーダーの比率とか、そんな例でした)

この10年で女性活躍推進が進んでいると思っているのが、男性56%に対して、女性は39%と少ない。

この理由として、いまだにあるのが無意識のバイアスの存在。 ただ男性はこの影響を感じている割合が28%に対して、女性が49%と認識の違いがあるとか。

女性活躍推進は、人事の施策ではなくて、企業のビジネス課題である。トップレベルのコミットが必要だし、ビジネス課題として、今やらなければいけない事として取り組んでいる企業が成功している。

✕ やったほうがいいこと、女性だけの問題、男女の勝ち負け

◯ ビジネスに直結する課題、人材の流出防止/成長、企業の評判に影響すること

男性は、自分ゴト化して、サポーターにならなければいけない。そのためには、単なるダイバーシティのトレーニングとかだけではなく、経営陣が”ビジネス課題”として取り組むコミットも必要だし、個人レベルでのコミットや、その改善を測る指標も必要。単発でなにか施策をやるというのではなく、統合的な施策が必要になるとのこと。そのために、YWomenなどのコンサルティング会社が支援している。

女性は、”自信を持つ”こと

女性リーダーのパネルディスカッションでは、グローバルのIT企業のリーダーが登壇して、自分たちの経験から、女性側がやるべきことの視点で語られていました。

  • キャリアは自分で責任を持つ
  • チャンスを自分でつかむ
  • 女性としてのアドバンテージを利用する

必ずしも、女性がリーダーになることや昇進を目指さなければならないというのは無く、それは個人の自由。でも、そのようなチャンスがある人が、そのチャンスを活かせるような社会にしていきたいというメッセージ。

いまは女性リーダーが少ないので、女性リーダーとしてメディアに出たり、イベントに登壇したり、社内で昇進のチャンスを与えられたりと、女性としてのアドバンテージを利用してきたとのこと。チャンスを自分でつかむという気持ち、一番大切なのは”自分に自信を持つこと”というお話でした。

イベントの中で、「ダイバーシティを一言であらわすキーワード」を投稿しようという企画があって、そこで集まったキーワードがこちら。

ちなみに、自社のCEOは、「empowerment」と答えていました。

勇気づける、自信を与える、権限を与える、とかそんな意味と理解しました!

ラスベガスの噴水ショー

そして、セッションが終わって、ウェルカムレセプションのイベントがあったり。このイベントでは、The Chainsmokersが来てライブをするということだったけど、私たちはその前に、シルクドソレイユに移動してしまいました。

その前に、ラスベガスの噴水ショーを見れたのは良かった!

15分に1回やっていて、なんと100曲くらいのパターンがあるとか。これが、すごかった!

https://twitter.com/nattu723/status/1141603949801164800

シルクドソレイユに感動!

そのあと、シルクドソレイユを観に行きました。観に行ったのは、こちら。

あまり事前情報を確認せずに観に行ったけど、こんなにすごかったんだ、って驚きと感動が!

YouTubeの動画でダイジェストが観れます!

生で観ると、この迫力に感動するけど、このダイジェストだけでもすごい。観に行けると思ってなかったので、これは行けて良かった!!

ステージが巨大プールになっていて、この水を使った演出と、アクロバティックな身体能力!それだけではなくて、炎も出てくるし、そんな中にユーモアや感動もある。圧倒されました!

以上、ラスベガスからでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください