シンガポールは「アップデート」の国。「無人空港」やマーライオン取り壊し。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

年末年始をシンガポールで過ごし、昨日の夜に日本に帰ってきました。

楽しい時間が過ぎるのは、あっという間。

旅のブログを貼っておきます。

子連れシンガポール旅行記 到着から1日目

シンガポール博物館とボタニックガーデン!

子連れシンガポール旅行記 1日目

子連れシンガポール旅行記 2日目

シンガポール動物園とローカルフード!

子連れシンガポール旅行記 2日目

子連れシンガポール旅行記 3日目 – 年末年始のカウントダウン

STAR ISLANDと、チームラボのアートサイエンスミュージアム!

HAPPY NEW YEAR! シンガポールより感謝を込めて

子連れシンガポール旅行記 4日目。2020年元旦を祝う。

子連れシンガポール旅行記 4日目。2020年元旦を祝う。

子連れシンガポール旅行記 5日目。ガーデンバイザベイへ

子連れシンガポール旅行記 5日目。ガーデンバイザベイへ。

今日は旅から帰ってきたばかりなので、ゆるっと書きたいと思います。

シンガポールは「アップデート」の国

シンガポールに行ってみて思ったのが、シンガポールは「アップデート」を続けている国だな、ということ。

ここで言う「アップデート」とは何か?

「前より良く、前より新しく」という感じです。

シンガポールは、今回で6度目だったのですが、来る度に驚きを感じさせてくれる。前来たときより、アップデートされていると感じる国。

今回まず到着時に、このアップデートを感じました。

チャンギ空港が、めちゃくちゃアップデートされている

チャンギ空港の新しいターミナル「4」ができていて、めちゃくちゃアップデートされていました。もう空港に住めそうな感じです。

一言で言うと、「無人空港」

なんとなく、既存であるものを拡張するときには、既存のものと同じものを作ってしまいそうになる。

たとえばスーパーが1つあって、スペースが足りなくなったから、もう1つ新館を作るときとか。

シンガポールだと、「前より良く、前より新しく」 というアップデートの思想が根付いているのか、ターミナル4はすごくアップデートされていました。

  • 自動化が進んでいる
  • 新しいテクノロジーを入れている
  • デザインもおしゃれ

いくつか象徴する写真を載せておきます。

チェックインとか、免税の申請とか、出国申請とか、すべて自動化が進んでいました。

しかも、この機械もかっこいい。

荷物を預け入れするところも、自動化されている。

パスポートをかざして、荷物を置くだけ。

成田空港のときは、荷物の預け入れで大行列ができていたけど、まったく行列ができていない。

免税の申請も、パスポートを入れて、クレジットカードを入れて、終わり。という感じだったので、「え、これでいいの?」というくらい簡単でスムーズでした。

新しいテクノロジーをどんどん入れている感じもします。写真は無いのですが、トイレもきれい。

そして、出国ゲートの荷物検査も、ぜんぜん人がいない。

荷物の預け入れって、人が大行列していて、PCだしたりスマホだしたりストレスも多い。なんと、PCを出す必要もなく、そのままスキャン。トレイも自動で列の最後尾に戻ってくる仕組み。

これは稼働してなかったけど、自販機にQRコードが付いていてゲームができる機械があったり。

デザインもおしゃれで、とにかく居心地がいい。

エンターテインメントコーナーもありました。ビリヤードとかダーツが楽しめるようです。

今回はターミナル4だったけど、新しいショッピングモール「JEWEL」がターミナル1にできていて、これまたすごかったです。

「チャンギ空港」で27時間遊び尽くしてみたという記事を発見しました。

記事から抜粋すると、

チャンギ空港ほど既成概念の枠を超えた場所はない。

ジュエルはその最新の例で、お洒落なレストランやショップ、バーはもちろん、目を見張る庭園や、ウィリー・ウォンカのチョコレート工場にあってもおかしくない不思議なものもある。鮮やかな花で作られた動物、地面から霧が立ち上る子どもの遊び場、足元がガラスの橋、花が咲いた生け垣の迷路──。

シンガポールに未練を残しつつ、シンガポールの「アップデート」を体感して帰国しました。

さよなら、マーライオン。

マーライオンがまさかの取り壊し

そう言えば、これを書いていて思い出したけど、シンガポールのセントーサ島にあるマーライオンが取り壊しされると聞きました。

あの一番有名なマリーナにあるマーライオンじゃなくて、セントーサ島にある一番大きいマーライオンです。

今回の旅では行かなかったけど、前に来たときに行きました。中にも入れて登れるので、マーライオンの口のところから顔を出せます。

写真 セントーサ島のマーライオン(ジェトロ撮影)

こちらの記事に詳細が載ってあります。

シンガポールのセントーサ開発公社(SDC)は9月20日、南部沖の観光地セントーサ島と、隣接するブラニ島を再開発するマスタープランを発表した。再開発でセント―サ島を南北に縦断する新しい大通り「セントーサ・センソリースケープ」を建設するため、建設予定地に建つマーライオン像を2019年内にも取り壊す。このマーライオン像は同国にある7つのマーライオンの1つで、高さ37メートルと最も大きい。

国を象徴するような像もあっさり取り壊して、アップデートをつづける。

マーライオン好きとしては悲しいニュースですが、その「アップデート」の姿勢に感服しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください