HUC生みの親、高濱先生の講演会とライブ。働くお母さんのためのスペシャルナイト!

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日はこちらのイベントに、母親アップデートコミュニティ(HUC)のメンバーで参加してきましたので、レポートします!

働くお母さんのための金曜夜のスペシャルナイト!

花まる学習会代表の高濱正伸先生による講演「働くお母さんだからできること」のあと、親子のための音楽を創り続けてきた「KARINBA」によるライブ。会場はNewsPicksスタジオでした!

イベントページより引用

高濱先生はHUCの生みの親

まず、高濱先生と私たち母親アップデートコミュニティ(HUC) の出会いについて、お話させてください。

このコミュニティが生まれた、NewsPicksのWEEKLY OCHIAIの番組、「母親をアップデートせよ」の回にご出演されていたのが高濱先生。

今回のイベントが行われたNewsPicksのスタジオで番組が行われました。

WEEKLY OCHIAI発「母親アップデートコミュニティ」作ります!

このときに高濱先生が「すごい熱量だよね」「もっと外とつながろう」とおっしゃっていただいたことが、コミュニティを作るきっかけになりました。まさにHUCの生みの親です!

そしてHUCが立ち上がってから、2回目にお会いしたのが、「The UPDATE」の番組観覧。

「The UPDATE」に母親アップデートコミュニティで観覧参戦してみた

「子供のスマホ利用は制限すべきか?」 について、熱い議論が繰り広げられ、HUCメンバーも参戦させていただきました。

そして、3回目がWEEKLY OCHIAIの司会をされている石山アンジュさんの『シェアライフ』の読書会イベント。

石山アンジュさん『シェアライフ』母親アップデートコミュニティ読書会

このときに高濱先生から「母親アップデートコミュニティすごい熱量だね!コミュニティ名は長いから、略称も欲しいよね!」とアドバイスいただき、「HUC」という略称が生まれました。

そんなHUCの生みの親である高濱先生の講演会とライブということで、平成最後の金曜日とても楽しみにしていました!

働くお母さんだからできること

今回のご講演の内容は、あのWEEKLY OCHIAIの「母親をアップデートせよ」の延長戦をやっているような気分でした。いくつか印象に残った点をまとめてみます。

「一緒に居てあげたい親心」はいらない

まず、すごく高濱先生が強調されていたことは、母としての「一緒に居てあげたい親心」はいらないということ。

働く母親は、家事、子育て、仕事をすべて完璧にしなければいけない。という思いから、子供と一緒に居てあげられる時間が少ないという、後ろめたさを持ってしまう。

なので、仕事現場では仕事をきっちりこなし、

家に帰ると、家事と子育てをして、イライラがたまって爆発してしまう。

「母親が子供を育てる、常に一緒にいる」のが当たり前だった時代の考え方が、いまでも根付いていると思っていて、子供と一緒にいられないことが駄目なことと思ってしまう。

1日5分だけでも、子供と一緒にいてあげて、ハグしてあげればいい

一緒にいる時間は関係ない

高濱先生のように、ずっと働くお母さんを見てきた方が、このように断言いただけることは、ほんとに勇気づけられます。

その一例として、こんな話をしていただきました。

引きこもり気味だったお子さんに、ずっとお母さんがベッタリと側にいて、あるときからベッタリとするのを辞めたら、そのお子さんが一気に成長して、いろんな活動を自分からするようになったとのこと。

働くお母さんには、時間の悩みが一番多いとのことでした。一緒にいる時間の長さは関係ない。たとえば、朝型にして、朝6時20分から宿題を子供たちにやらせて、見てあげるというのでもOKという話がありました。

「割り切り」が大切

高濱先生のおっしゃっていた言葉で一番好きなのが、これです。

母親は完璧でなくていい。全部を100点取る必要はない。

家事・子育て・仕事、全部あわせて100点でいい。

どうしても、ここまでやりたいという理想を持ってしまい、それができない自分を責めてしまうことがあるのですが、そこは「割り切り」が大切な気がします。

たとえばとして、「ごはんの悩み」も多いとのことで、

毎日作る必要はない。

1週間に1回でも、心をこめて作ればいい。

平日ごはんを作ることは諦めて、土曜日はパパ、日曜日はママとか。

毎日のあたりまえより、心に残る1回のエピソードが大事。

この話は本当におっしゃる通りで、世の中の男性にも聞いて欲しいと思いました。

共感してくれる「つながり」を持とう

高濱先生の共有いただく実例は、ひとつひとつが、すごくリアルでした。

毎日の生活にいっぱいいっぱい。全然ゆとりがない。

どうしてもイライラしてしまう。そんな自分を責めてしまう。

という悪循環は、だれもが抱える課題だと思います。

そんな自分のことを話せて、そして受け止めてくれる仲間がいるというのは大事。その「つながり」を持とう、というお話がありました。

母親アップデートコミュニティ(HUC)はまさにそれで、みんながFacebook非公開グループの中で、いろんな悩みをそのままさらけだすことができて、それを受け止めてくれる仲間がいる。

その「つながり」が大前提にあって、みんなで自分たちひとりひとりを「アップデート」しようとする、それに刺激をうけてコミュニティの中も外も「アップデート」していく。そんな流れが作れればいいなと、ほんとに思っています。

改めて、その大切さに気付かされた講演でした。

最後の高濱先生のこちらの言葉も、身にしみます。

母親は、世界最高。

母親としての人生を、邁進して欲しい。

KARINBAライブ!

このご講演のあとは、KARINBAライブが始まりました。

今回初めてKARINBAのライブを聴いたのですが、高濱先生の声と歌を聴いて、びっくりしました。働くお母さんに向けたメロディと歌詞というのは、他で聴いたことが無かったので、ほんとに身にしみました。

素敵なご講演とライブを、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください