最近うれしかったこと。自分がされてうれしいことは、人にしたい。

こんにちは、なつみっくすです。

今日は、「最近うれしかったこと」のテーマで、ゆるく書いていきます。

昨日は、うれしいことがいくつかあって、その中でも特にうれしかったことをご紹介したいです。

Twitterで、こんなメッセージをいただきました。

めちゃくちゃうまい!

ちょっと待って、これとか、すごいっ!名前が書かれていなくても、絵だけで誰か分かる!

画像

「すごいなー」と思いつつ、Twitterであっさりとしたリプライしてしまったのですが、そのあとブログにもコメントが!

※昨日のブログのコメントから、引用します。

おはようございます。
先程Twitterで慣れないながら初コメントさせていただきました。
グラレコの楽しさや素晴らしい本を教えて頂いたお礼に。
字と絵は下手なので目を瞑ってください…。
そしてペンが太すぎて失敗してますが練習なので気にせずGWで12作できました。
暗記でなくストーリーとして本や見聞きした内容が頭に入って、そのまま図と言葉で多分アウトプットできると思うので、身に付けるとひとつの武器になりますね。
…全く自信なかった絵も、特徴捉えると何となく形になると思って、昨夜手元にあった雑誌に載ってた方を描いてたら、結構ハマりました。
今日も2作作成してみます♪

わお!このツイートはどなただろう?と考えていたのですが、いつもブログを読んでくれて、コメントもくれる竹内さんだったことに気づきました。

もう、このコメントがうれしすぎます。

何がうれしいって、私がグラレコを描き始めたことを応援してくれて、ご自身も始められて、こうやってフィードバックをくれること。

大変おこがましいですが、「誰かのきっかけで、自分の行動が変わったことを、その人に伝える」ことは、大切だと思います。

コーチングの勉強をしていたときに、これを「I+感化メッセージ」と習いました。

「I+感化メッセージ」を相手に伝えること

コーチングの基本として、相手のありのままを認める、というのがあります。それを会話のやり取りで伝えるときに、4つのパターンがあると習いました。

  • Iメッセージ (私は、◯◯だと思います)
  • YOUメッセージ (あなたは◯◯な人だと思います)
  • I+感化メッセージ(私は、あなたのおかげで、刺激をもらいました)
  • WE+感化メッセージ(私たちは、あなたのおかげで、元気をもらいました)

このなかの3つ目のパターンで、「私がどう思ったか、どんな影響を受けているか」が、「I+感化メッセージ」。

これを明確に言葉として伝えるのと、伝えないのでは大きく違う。伝えられた人は、今回の私のようにうれしいと思うし、いただいた言葉をまた励みにできる。そして、また良い循環が生まれていく。

「返報性の法則」とは、 相手から受けた好意などに対し「お返し」をしたいと感じる心理のことですが、まさにこれ。

別の例で言うと、私はFacebookでもTwitterでも「いいね」ボタンを、押すようにしています。自分がされると、何だかんだうれしいし、読んでくれてるのが分かるから。こちらが「いいね」ボタンを押したり、リプライしていると、相手も同じようにしてくれることがある。これも、ひとつの「返報性の法則」。

私は、自分の感情を言葉にすることが、ずっと苦手だと思ってたのですが、やっぱりちゃんと言葉にして伝えるのは、大切ですよね。特に、「I+感化メッセージ」。今回のうれしかったことを通して、私も「I+感化メッセージ」をもっと色んな人に伝えていきたいなと思いました。

自分がされてうれしいことは、人にする!

ありがとうございます!!

2 Comments

竹内啓二

あ、ありがとうございます。
今、今日のグラレコの合間に拝見しました。正直かなり恥ずかしいです…
が嬉しいです‼︎
ちなみに昨夜、この絵の横に、身近な人はどうだろう?今後、例えばあえてアナログの絵手紙などで人に御礼などができないかな?と思い、三宅さんや何人かの知人に加え、なつみっくすさんを練習で書いたのですが、失敗して、あえてシェアするのもどうかと思い、そのまま残してます。
元々高校の時に趣味で静物画のデッサンをしていて、それ以来のある意味絵画です。
太いペンで書き直しが出来ず、滲んだりインク乾きもあるので、ぶっつけ3分一本勝負という、よく分からないプレッシャーも自分に与えながら楽しんでます。
そして相変わらずnoteでは、為末さんと山口さんの、また気になる一般の方への投稿があれば、臆せず極力コメントしてます。
また日々の投稿楽しみにしてます!

返信する
Natsumi Suzuki

なんと!竹内さん、もともと絵を描かれてたんですね!!
かなり絵心ありますよね!これからも楽しみにしています!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください