初めて絵本制作ワークショップを開催した日

こんにちは、なつみっくすです。

昨日は、母親アップデートコミュニティ主催のイベントで、初めて絵本制作ワークショップを開催しました。私にとっての、チャレンジです!

「自分を知る」「他者を知る」を、絵本制作を通じて体感することができる。このコンセプトに共感して、絵本制作ワークショップができる認定を取ってみました。

絵本制作ワークショップの認定取りました。

教材を使うので、基本的にリアルが前提のワークショップ。なのでオンラインでの開催に、すこし不安を抱えていました。

実は、事前に参加者に教材を送るところから、バタバタしてしまったんです。GWに入る直前に郵便局に駆け込み、発送手続きをするも、「GW+コロナの状況なので、通常よりも発送に時間がかかります。いつ届くかが保証できません。」とのこと。

顔が真っ青になりかけましたが、速達にすることで、なんとか無事に教材が届いたのでホッとしました。オンラインのワークショップで、事前に教材を発送するアナログの作業が入るのちょっとややこしい。

こうやって初めてチャレンジすることは、色々あるなーと思いました。何事も、自分でやってみるって、勉強になる。

大人と子供を含めて、全部で15名の方にご参加いただきました。感謝!

それぞれの個性が見れて、おもしろい

この絵本制作ワークショップですが、

自分を「花」にたとえて、

種 → 芽 → 栄養 →花 → 未来の種

と色えんぴつで描いていき、1冊の絵本を完成させます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-31.png です

1つ1つのシーンを描いたら、グループで感想をシェアし合う。

参加者ぞれぞれのみなさんの個性が見れて、おもしろい。「種」と言っても、人によって、十人十色。

私が特に感動したのが「栄養」のシーン。

自分というお花が育っていくうえで、何が大切か?自分にとって、大切なものを見つめることができました。みなさんにとっての「栄養」の話を聞いて、じーんと来ちゃいました。

今回のワークショップでいただいた感想がうれしいので、ここにも貼っておきます。感想いただけて、ほんとうれしい!

「自分が大切に思っていることが改めてわかった」とは、なんともうれしいフィードバック!しかも、お子さんの想像力が広がったようで、これまたうれしい!

絵本制作に没頭する2時間で、自分のことを内省するの大切。みんなの意見を聞くことで、さらに想像が広がる。

私は、普段絵を描くことがないのですが、こうやって何かに没頭して、自由に絵を描くのっていいなー。子供たちの気持ちが分かるっていうのも、すてき!

https://twitter.com/tsuchimiki/status/1257962976281194502?s=20

「自分を知る」のが1番の目的のワークショップです!芯が強くて、まっすぐとした植物を描いてくださいました。

ほんと、子供の発想力がすごくって、私もいろんな発見がありました!

「新しいチャレンジの決断ができた」ってすごい!

https://twitter.com/akanetabata/status/1258549978835808257?s=20

ご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください