秒刻みのランチ会企画。最近びっくりしたこと。

今日は、ゆるーく書いていきます。

今週末にオンラインでランチ会を企画してくれている友人がいます。

とってもありがたい企画。

いっしょに受けていたリーダーシップトレーニングが全3回終わったので、その打ち上げ的に、ランチ会(オンライン)を企画してくれました。

今回のトレーニングはオンラインだったこともあり、トレーニング後も
講師の方ともゆっくり話す機会が無かったんです。

なので、このランチ会で講師の方と、他に参加していたみなさんと一緒に話せるのを楽しみにしています。

で、このランチ会に向けて、「企画ミーティングをしたい」と企画してくれている友人から参加予定のみんなに連絡があったんです。

私は、「ゆるく、みなさんと話せればいいかな」と思ってたので、「企画ミーティングがあるんだ」と少しびっくりしました。

それから、このランチ会企画のスケジュール案が送られてきて、もっとびっくりしました。

12:00-13:00 のランチ会に、スケジュールがびっしり。

60秒ずつ感想を言う時間、30秒ずつ自己紹介する時間、講師の方に60秒ずつで質問する時間など。

12:00-12:06 〇〇〇〇 (30秒/人)

12:06-12:16  〇〇〇〇 (60秒/人)

12:16-12:26  〇〇〇〇 (60秒/人)

みたいなスケジュールでした。

思わず、目を疑いました。

ランチ会で、秒刻みのスケジュール?? 総理大臣並みの忙しさだな、これは。

どの時間帯でランチ食べるんだろう?と思いつつ、冒頭には「おすすめの一品をランチで持ってくる」的なことが書いてある。

なんと!おすすめの一品を食べながら、秒刻みのランチ会!

私のなかでは、けっこう衝撃的なランチ会のスケジュールでした。

「ランチ会」ひとつとっても、人によって考え方が違う

当たり前なんですが、人によって考え方は違う。

「ランチ会」ひとつとっても、その時間を1分1秒たりとも無駄にせず、最大限にみんなが楽しんでもらう、有益な時間にすることを考えて、企画してくれている。

私だったら、「みんな、ゆるーく集まってお話しよう」で済ませてしまって、講師の方に聴きたい話が聴けなかったり、もっとこうすれば良かったなーと後悔することもあると思う。

ほんとに忙しいなか、今回ここまで、みんなのことを考えて、ランチ会を企画してくれていることに感謝とリスペクトしかない。

その秒刻みのスケジュールも、事前にGoogleドキュメントでシェアしてくれて、「意見を書き込んでね」と言ってくれた。そのあと、企画ミーティングもしてくれた。なんて、丁寧なんだ。めちゃくちゃ勉強になる。

「ここまでできるんだ」といつも感激するくらい、言語化が丁寧だし、企画をつくるときや、物事を進めるのが丁寧。

週末のランチ会が楽しみです。

ゆるーい独り言でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください