「2020年6月30日にまたここで会おう」 #瀧本宿題

今日は、2020年6月30日。

この前のブログに書きました『2020年6月30日にまたここで会おう』瀧本哲史さんの伝説の講義、その宿題の答え合わせの日。

『2020年6月30日にまたここで会おう』瀧本哲史さんの伝説の講義。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-3.png です

私は、この講義は生で受けることはできなかったのですが、この本で追体験させていただいた。

そして、なんと、この2020年6月30日に合わせて、この本の全文が無料公開されています。(1週間限定)

この本の編集者である柿本さんの想いが綴られているnote。

ここから引用させていただくと、

瀧本さんが期待していたのは、講義を受けた若者の一人ひとりが、

・「自分で考えて、自分で決められる」個人として、自立し(猿から人間になり)
・ 自立した人間同士、仲間をつくり
・ それぞれの持ち場でできること(宿題)をやる
・ その結果として、パラダイムシフトを起こす

こと。それを瀧本さんはよくひと言で「 DO YOUR HOMEWORK ! 」と言っていました。

ほんとに、これですよね。

人生って、これに集約されている。

自ら明かりを燈せ

この本の中で何が好きかというと「自ら明かりを燈せ」という言葉。

そして、最近ブログに書いていたことを振り返ってみると、自ら明かりを燈すことや、自分の光(可能性)に目を向けることが、最大の恐れだと言う。

心に留めておきたい言葉 -人にとって最大の恐怖とはなにか。

最大の恐怖は無力と知ることではない

最大の恐怖は自分の計り知れない力だ

恐ろしいのは自分の闇ではなく光

自分の力を隠し、周囲の者たちを不安にさせないよう縮こまっていては世界を照らすことはできない

小さな子供らと同じように輝こう

すべての人の内に光がある

自分自身を輝かせれば、まわりの者たちも自然と輝きはじめる

恐怖から解き放たれさえすれば、まわりの者達も解き放つことになる

Marianne Williamson さんの詩

この恐れから解き放たれると、自ら明かりを燈すことができるのか。

今日は、瀧本さんの想いを受け継ぐ一日にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください