植松社長の言葉「優しい」とは「優れる」こと

昨日、TEDで感動を巻き起こした植松社長の講演を聴きました。

私もそのことを前にブログに書きました。

TED植松さんの動画を観て。「どうせ無理」を「だったら、こうしてみたら?」に変える。

「どうせ無理」を「だったら、こうしてみたら?」に変える。

人は気づいたら、できない理由を探してしまう。

そして、できることしかしない大人は、子どもの夢に「どうせ無理」と、諦めさせる言葉を言ってしまう。

それは、絶対にあってはならない。

「だったら、こうしてみたら?」とアドバイスしてあげること。

それによって、可能性が開ける。

思うことを続けることが大切。

植松社長は「思うは招く」というお母さんの言葉を大切にされているそうです。

「思うは叶う」じゃなくて、あえて「思うは招く」を使っている。

ちなみに昨日の講演は保護者向けだったのですが、前に子ども向けの講演があり、それがYouTubeにアップされていて、改めて観ました。

保護者向けも、子ども向けも言っていることの本質は同じ。

子ども向けの前半はこちら。

後半はこちら。

Q&Aはこちら。

TEDを観た人は、必ずと言っていいほど「感動した」「泣いた」と言っていて、私もその一人です。それ以来、植松社長のファンです。

この講演の語り口が、なんともあったかくて、優しくって、人柄がすばらしい。

このYouTubeを観て、メモを描いたので貼っておきます。

この中でも、特に好きな言葉を書いておきます。

「優しさ」とは「優れる」こと

植松社長は、「優しい」という言葉を大切にされているそうです。

それは、「優しい」のは、比べるモノサシが無いから。

たとえば、「頭がいいね」とかになると、テストの点数が良かったとか、他のお友達よりも良かったとか、他者が決めたモノサシで、人と比べてしまう。

これがあると、いつも人と比べてしまい、自分を見失ってしまう。

そうではなく、親も子どもに「優しいね」と声をかけてあげるのが大切。

その子どもの内面を見ている言葉だから。

「優しさ」とは「優れる」こと。

この言葉が深くて、私も「優しい」という言葉を大切にして、意識的に使っていきたいなと思いました。

ほんとにあったかくて、悩んだときに聴きたい植松社長の講演でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください