ケアンズ3日目の滞在記 -キュランダの絶景とハプニング

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

いま夏休みで、オーストラリアのケアンズに来ています。もはや日記的な感じで、今週はゆるーくブログを書いております。

今週書いているケアンズの滞在記のブログも貼っておきますね。

ケアンズ到着まで

ケアンズ着いた!格安航空券LCCだったんだ。

ケアンズ初日の滞在記

ケアンズ初日の滞在記 -ケアンズ市内を満喫

ケアンズ2日目の滞在記

ケアンズ2日目の滞在記 – コアラと朝食

そして、今日書くのはケアンズ3日目の滞在記です!

ケアンズについては、事前にあまり情報を調べてこなかったんですが、思った以上にいいです!! 自然は満喫できるし、お料理もおいしい! 気候も最高です! ついでに治安もいいし、建物とかもかわいい。

この日は、世界遺産でもあるキュランダへ1日かけて行ってきました。日本から予約したVELTRAというオプショナルツアーでの「キュランダ1日プラン」。

「世界の車窓から」を楽しめる絶景列車、水陸両用車のアーミーダック(思いもよらぬハプニングあり)、ミニ動物園で、カンガルーやワラビーとたわむれる、映画”アバター”の舞台となった空中飛行などと、盛りだくさんの内容でした!

今日も写真いっぱいで、滞在記を書いていきます。

「世界の車窓から」を楽しめる絶景列車

キュランダまでは、クラシカルな内装が特徴の観光列車で行きました。私はとくに列車好きではないですが、列車好きの方には列車のデザインとか、もちろん絶景もたまらないと思います。

車窓からは『世界の車窓から』のオープニングに使われた180度のヘアピンカーブやストーニークリーク滝、雄大な大自然を見ることができます。

これが、予想を超える絶景!

約90分の移動でしたが、見どころいっぱいで、あっという間の90分でした。

列車のデザインは、すごくかわいいんです。

車窓から見える景色は、こんな感じで、ほんとに「世界の車窓から」の音楽が聴こえてくるような絶景でした。

途中、滝が見えたり、グリーン島が見えたり。

しかも途中の駅で10分くらい、途中停車してくれて、写真を撮ることができます。

乗り遅れないようにだけ注意する必要がありますが、こんなに絶景を通る列車だと思わず、感動でした。 なんとこの途中停車の「10分」というのはアバウトで、なんとなく10分くらいになったら汽笛が鳴って、みんなで車内に戻ります。このゆるーい感じもいい。

キュランダ村は、味わい深い

私のボキャブラリーの無さで、うまく伝わらないのが申し訳ないので、とりあえず写真をいっぱい載せます。(笑)

キュランダに着いたら、キュランダホテルでランチを取りました。

建物の一つ一つに味があって、めっちゃいい感じ。

ボリュームのあるハンバーガーと、フィッシュ&チップス。前にオーストラリアに来たときは、フィッシュ&チップスを飽きるほど食べてたのですが、今回の滞在では初めて。

ボリューミーだけど、おいしかったです。そして何より、森のなかでランチをできるのが、うれしかったです。

こんなところでバーベキューでもしながら、まったりしたいと思う心地よい空間でした。

ランチのあとは、キュランダ村を自由散策。

日本では手に入らない、オーストラリアの地元産アラビカのコーヒー豆100% を使ったレインフォレストコーヒーというカフェ。アイスのカフェラテを飲み、ゆったりとできました。

治安もいいから、変な緊張感もなく過ごせます。

「レインフォレステーション」というミニ動物園があって、15分くらいで廻れるコンパクトな大きさ。コアラ抱っこもできるようでしたが、私たちはカンガルーとワラビーとたわむれてました。

入り口で、2ドルで餌を買うことができて、これでかなり楽しめました。子どもは「きゃっ、きゃっ」と言いながら、放し飼いのカンガルーとワラビーの餌やりを楽しんでいました。それから、タスマニアデビルとかウォンバットなどの、オーストラリアならではの動物も楽しめます。

水陸両用車のアーミーダックでのハプニング

このレインフォレステーションから、熱帯雨林を走る水陸両用車のアーミーダックに乗ることができます。まさに、ディズニーのインディージョーンズのアトラクションを乗っているような感覚。

でこぼこ道の熱帯雨林をゆっくりと抜けて、川に入っていきました。

他のアーミーダックともすれ違いながら、「あ、あそこにトカゲがいる!」とか、喜びながら楽しんでいました。

ひと通り川を一周して、川から陸地に戻ろうとした瞬間、

なぜかアーミーダックが陸地に登れず。。

それまで超陽気だったドライバーさんが深刻そうな顔して、「登れない、故障した」って言ってて、これさえもジョークと思っていました。。

が、これが本気だったみたいで、まさかのアーミーダック故障!

ドライバーさんが、ほかのアーミーダックにヘルプを頼むも、15分ほど来なくて、こんな顔してました。。

このあとのスケジュールを心配してくれて、ヘルプがなかなか来ないことを、ちょっと怒っていたみたいです。

そしてガイドさんも、「人生はハプニングが付き物です!ハプニングがあるから、おもしろい!」と、みんなをポジティブに励ましてくれたのが印象的。ガイドさんいわく、500回来ていて、1回起こるかどうかのハプニングらしい。

そうこうしていると、やっとヘルプが来てくれて、ひと安心。なんだか私たちのアーミーダックより、ずいぶんきれいな気がする。(笑)

このアーミーダックにみんなで乗り換えて、なんとか陸地に帰れました。

まさに、旅にハプニングは付き物。こういうハプニングがあると、思い出になるなー、と。

子どもが居たので、「乗り換えのときに落ちないかな」とか、ちょっと心配でしたが、無事に陸地に戻れて良かったです。

アバターの舞台を”空中散歩”

そして、帰りはスカイレールというロープウェイで、帰りました。

アーミーダックのハプニングで遅れ気味で、行列ができていて15分くらい待つことに。こんな感じで、スマホのアプリでナビが聴けると案内があり、ダウンロードして待ちました。WiFiもあって、ありがたい。

しかもナビは、日本語対応ありでした。こういう大自然+デジタル、というのもおもしろい。

このスカイレールの”空中散歩”ですが、あの映画”アバター”の舞台となった絶景を通ります。

これが、なんとも言えないくらいの絶景でした。”アバター”の世界を疑似体験している感覚でした。

この絶景が、写真では1割も伝わってないかもしれないのですが、

ロープウェイから入ってくる風が心地よく、鳥のさえずりがたくさん聴こえて、こんな大自然の森や海まで360度で見渡せるのは、ほんとにすごかったです。

途中の駅で乗り換えして、 だいたい40-50分くらいで、下まで降りることができます。

世界遺産となったキュランダで、「どうやって、このスカイレールを作ったんだろう?」と思っていたら、ガイドさんから説明がありました。

なんとロシアからヘルコプターをレンタル(500万円/時間)して、36億円かけて、さとうきび畑のオーナーがこのスカイレールを作ったそうです。

さとうきび畑のおじさん、ありがとう!!

キュランダを満喫したあとは、ケアンズのホテルに戻って、夕飯を食べました。オージービーフのTボーンステーキもおいしかったです。

盛りだくさんの1日でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください