「遠くのロールモデル」より「近くのパッチワークモデル」

よく女性の悩みに、「ロールモデルがいない」というのがあります。

これは、良く分かります。

私自身も、これについて悩んできたからです。

自分のロールモデルとなる人がなかなか見つからず、それがキャリアを彷徨っている理由の1つかなとも思っていたり。

このテーマについて私が今思っていることは、

「遠くのロールモデル」より、「近くのパッチワークモデル」。

100%フィットするロールモデルは、そもそもいない

自分と似た環境の人で、100%フィットするロールモデルは、そもそもいないと思います。

それよりは、「あ、この人のこの考え方いいなー」というのから、自分がフィットする考え方や生き方を、いいとこ取りすれば良いかなと思います。

たとえば、会社勤めをしながら、非営利団体で活動をしている人を見て、「あーそういう考えもあるんだな」と思ったり。

「とにかく、おもしろそうと思うことには、トライアンドエラーで試す!」みたいな考えもいいなとか。

「勉強とか学びに時間を使って、そこから自分のできることを増やす」って考えもいいよねとか。

色んな考え方をいいとこ取りしている感じです。

「なんか、できそうな気がする」感覚

なぜ、「遠く」のではなく、「近く」のと表現しているのかについても、書いておきます。

かなり極端な例ですが、フィンランドの女性首相を見ても、遠すぎて、雲の上の存在に思えてしまう。

自分とは、住む世界が違うのかなと、どうしても自分ごとになれない。

でも、これが自分がコミュニケーションできるくらいの「近い」存在の人であれば、どうでしょう?

「なんか、できそうな気がする」って感覚が大切なのかなと思います。

私が尊敬している、けんすうさんのnoteにも、このようなことが書かれていました。

ここから引用します。

自己肯定感なんかを高めなくても、論理的に考えると「他の人にはできるなら、自分でもできそう」と考えられるんじゃないかなー

「自己肯定感」とやたらと言われるけど、「自己肯定感」がなくても大丈夫。じゃあ、どうやったら「自分はやれる」と思えるか?

それは、「他の人にはできるなら、自分でもできそう」 と思うこと、だそうです。

たとえば、私が運営しているコミュニティでは、読書会をやっているのですが、この読書会のファシリテーターをやりたい人がやるシステムで回しています。

最初のうちは、なかなか手が上がらなかったのですが、誰か1人がやりだすと、「なんか、できそうな気がする」感覚が芽生えて、他の人もやるようになる。

そうやって、輪が広がっています。

この 「なんか、できそうな気がする」感覚を持ちながら、周りの人のいいとこ取りをして、パッチワークモデルで考えてみる。

そんなのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください