HUCのイベントの熱が広がっている!私たちがやることの意味。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日のブログに書いた、母親アップデートコミュニティ(HUC)の大室先生、佐々木紀彦さんをお招きしたイベントについて、すごく反響が大きかったです。ほんとにまだ余韻に浸っている感じです。

「母親が向き合うべきメンタルヘルス」大室正志 先生×佐々木紀彦さん HUCイベント

このイベントは私たちHUCにとって、間違いなく大きな転機となるイベントになる。これはイベントが始まる前に想像していたよりも、このイベントがもたらす意味が大きいと感じてて、今だから思うことを書いておきたいなと思います。

コミュニティの中で盛り上がる、その熱量は外にも伝わる

私たちがやりたいことは、自分自身のアップデートであり、そして世の中に対するアップデート。HUCが始まってから、約3ヶ月。これまでは、このHUCというコミュニティの中で、いろんな対話を繰り返し、みんなが持っている考え方の根っこをシェアしていくことをしていました。NewsPicksという共通の観心軸も大切で、これがあるからこそ共通言語で話せる。

この対話はすごく大切なことで、リアルで話せなくても、オンライン上でのコメントのやり取りや、Zoomでのオンラインのミーティングなど、やり取りの頻度が多くなればなるほど、メンバー同士の距離感が縮まっているような感覚があります。

リアルで初めて会ったときも、「初めて会った気がしないね」というのが口ぐせになるくらい。オンラインのやり取りだけでも、ここまで距離が縮められるというのは、インターネット、SNSが当たり前になったからこそなので、ありがたい。

このコミュニティの中で対話、コメントのやり取りを繰り返すというのは、ほんとに大切なこと。3ヶ月経ってみて、メンバー同士のつながりが強くなってきているのを、今回のイベントで改めて感じました。

まずはコミュニティの中で盛り上がる、アップデートしていく。この熱量をコミュニティの外に、どうやったら伝えていくことができるか?を考えていました。今回のイベントでは数字だけ見ても、こんな感じ。

  • Twitterのライブ配信  → 視聴回数は、現時点で約800回
  • 「#母メンタル」でのツイート → 約500件
  • イベント後のレポート記事のシェア → 600ページビュー

コミュニティメンバーからの発信パワーが、すごく大きくなっていると、ひしひしと感じていて、ツイート数も前のイベントから比べると5倍くらいに増えている!一人ひとりの発信がパワーになっている。

さらに嬉しいのは、この発信パワーが、コミュニティの外の人にも伝わっているということ。

この間の「The UPDATE」の番組を観て、その流れでライブ配信を観ていただいたとか。

イベントの内容はもちろんですが、このイベントに参加すること自体がアップデートにもなっている。事前に家族のなかで調整して、イベントに参加してくれてる。そして、家族もアップデートされている。

こういった気付きもシェアすることで、コミュニティの外にも伝わっていく。

これ以外にも、ほんとに嬉しいコメントを、たくさん頂いていてありがたい。

私たちがやることの意味

いろんな方々にフィードバックいただいて、私たちがHUCをやることの意味を考えました。

大室先生が仰っていた、「HUCはアウフヘーベン。」というお話について。

これまでメディアが出してきたママのイメージって、VERY的、日経WOMAN的なある意味2つの方向性に絞られてた。

  • VERY的(おしゃれで、キラキラしているママ像)
  • 日経WOMAN的(バリキャリ。バリバリのキャリアを追求するママ像)

この2つの方向性も、もちろん認めつつ、それだけではないもっと多様な価値観を認める次のステージにいかなければいけない。これがざっくり言うと「アウフヘーベン」。それを体現して、世の中を変えていく、それができるのが私たちHUCなのかな、と。すごく勇気づけられました!

(追記)HUCメンバーのえなさんが、ブログで「アウフヘーベン」について紹介されているのが、分かりやすい!

えなさんのブログ:「アウフヘーベン

HUCが生まれたキッカケである、1月23日放送の「WEEKLY OCHIAI」の回を観たあとに書かれたことというのが、鳥肌が立つ事実!このブログを受けて、こちらの図も入れてみました。

2つの相反すると思われる考え方を、統合する。
どちらの三角形も生かしながら、統合して、とても大きな三角形にしていく。

これまで出来てなかった道を切り拓くのは、パワーもいるし、簡単なことではない。でも、私たちが声をあげる、なにか行動して、少しでも道を切り拓くことが、次の世代の子たちにも影響を与える。それって、すごいことですよね。

「ドラえもん」で言うと、のび太のママが、HUCみたいなコミュニティを作っちゃった、そして世の中を変えちゃったよ、みたいなストーリーになると面白い。

チアリーダーズの輪が広がっている

そして、今回のイベントを通じて、またチアリーダーズの輪が広がっています!今回のイベントにご参加いただいた大室先生、佐々木紀彦さんに、直接私たちの想いを伝えられたのは大きい。

イベントレポートをシェアしたときに、いただいたお二人のコメント。

「名誉会員」というのも嬉しい!そして、「おっさん社会を変えていく」という使命感を改めて感じました!

そして、HUC生みの父である、花まる学習会・高濱先生からも激励のコメントいただきました!「ずっと、応援しています!」とか嬉しすぎます!

私たちが、自分たちでできることは限られているかもしれない。でもこうやってチアリーダーズの方々に応援いただくことで、輪が広がっていく。

ちなみに、こちらから今回のイベントライブ配信のアーカイブが観れます。

母親をアップデート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください