ビジネス英語は1年でマスターできるのか?間違った勉強法から脱却せよ!

こんにちは、Natsumiです。

 
2018年は、改めてビジネス英語の勉強に取り組みました。
キッカケは、下記の本です。

『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる』 三木 雄信

 
あの孫社長の右腕として活躍されていた三木雄信さんの本。
三木さんの本は非常に分かりやすいです。

 
・実はビジネス英語は、日常会話より簡単!
ビジネス英語の勉強法にはコツがある。これを抑えればマスターできる。

 
 
 
 
英語の勉強は、すぐに結果がでないし挫折しそうになります。
私はこれまで、この本に書かれていた「間違った勉強法」をしていたのだな、と気づきました。

 
本に書かれていることをベースに実施した、2018年のビジネス英語の勉強記録を残しておきます。

 

ゴールと、やるべきこと、やらないことを決める!

 
ゴール = 2018年中に、グローバルイベントを回せる英語力を絶対に身につける

 
やるべきこと

 
・毎日 3時間の勉強時間を確保
・スピーキングに集中
・アウトプット重視
・ビジネスで使える言い回しだけを覚える 
・学習効果をテストで測る 

 
やらないこと

 
・日常会話はあきらめる
・ネイティブレベルを目指さない
・発音はあきらめる
・単語は覚えない
・文法は勉強しない
・いろいろな教材のつまみ食いはしない

 

2018年の、ビジネス英語の勉強記録

 
1) 毎日 3時間の勉強時間を確保

 
・朝5:00に起きる
・朝5:00から6:30までの、1時間半
・残りは通勤時間 (それぞれ45分ずつ)

 
→トータル3時間の勉強をする、と決めた。

 
2) スピーキングに集中

 
・下記教材でシャドーイングに取り組み

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・オンライン学習サイトのLynda.comで、マーケティングやビジネスのクラスを受講
 → 英語のスクリプトを出しながら、シャドーイング
 → ひたすら、同じクラスをシャドーイング

・「プラダを着た悪魔」の映画を観て、スクリプトをみながらシャドーイング

 
3) アウトプット重視

・仕事で、英語を話す機会を作る
 →電話会議で、必ず1回は発言すると決める

 
4) ビジネスで使える言い回しを覚える

 
・教材をしぼり、その教材にある言い回しだけを覚える

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5) 学習効果をテストで測る 

 
・英語のスピーキングテスト「ヴァーサント」で、学習効果を測る

 

これからも勉強は継続していきたいので、どのように勉強法をアップデートしていくか模索中です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください