『最強のライフハック100』レビュー

こんにちは、Natsumiです。
 

『最強のライフハック100』小山龍介さんの本を読みました。

 
小山さんは、ハックシリーズでおなじみの著者です。
大学時代に参加していた勉強会で何度かご一緒したことがあり、社会人になってからも一度コーチングをしていただきました。
非常に物腰が柔らかい方なのですが、すごく頭がよくて勉強家、好奇心が非常に旺盛というイメージを持っておりました。
ハックシリーズも幾つか拝読させていただきましたが、今回新刊がでていたので早速読んでみました。

 

自分OSをアップデートせよ!

 

このメッセージが「はじめに」で書かれていました。

 
スマホなどのデジタル化、クラウドの台頭により、どこでも仕事ができる時代になった。
アウトソーシングも当たり前となった。
「人生100年時代」と言われ、長寿化も進み、定年が60歳という考え方ではなくなった。
 

”1つの企業でずっと働く”という考え方ではなく、いつでもどこでも誰とでも働ける”自分ブランド”が必要になる。
自分のプロフェッショナルを突き詰め(深堀り)、それだけではなく広い視野を広げることが重要である。

 
この変化を「ライフシフト」と小山さんは表現されています。
「ライフシフト」に向けた「自分OSのアップデート」、この具体的な手法(ハック)が100個、この本には書かれています。

 
時間ハック
情報収集ハック
整理ハック
集中と発想ハック
チームハック
という5つのカテゴリで具体的に紹介されています。

 

すべてに共通するのは「スピード」と感じました。
そして「何のために仕事をするのか?」「人生をどういうものにしていきたいか?」という本質についても、考えさせられます。

 
テクノロジーもどんどん進化し、それによって仕事の手法(ハック)も進化していきます。
いろんな方の意見を参考に、どんどん真似していく、そして自分なりのハックを常にアップデートしていく、これが重要です。

 
まさにこれが、本ブログのテーマである「のこぎり型成長」ですね。
常に上がり続けるのではなく、失敗を繰り返しながら、アップ・ダウンをして成長していくイメージです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください