「Can星人」として生きる。好きなことなんてなくていい。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

今日は、ゆるーく書いていきます。

みなさんは、「好きなこと」を仕事にしていますか?

何か人生を通して、「やりたいこと」がありますか?

明確に答えられない人も多いのかなと思います。私自身もその一人です。

「好きなことを仕事にしよう」「やりたいことを見つけよう」という最近の風潮に焦ってしまっているようなこともあります。

このあいだ、「母親をアップデートせよ in TOKYO WORK DESIGN WEEK」のイベントがありました。このなかで、女性向けのキャリア支援サービスLibの代表である松本さんが言っていた言葉が、心に刺さりました。詳しくは、ブログにも書いてあります。

「母親をアップデートせよ」 in TOKYO WORK DESIGN WEEK

このイベントの反響が大きかったので、改めて引用します。

  • 自分の好きなこと、やりたいこと(Will)は、お金を払ってでもやるべき。
  • お金をもらって働くということは、自分のバリューを出せること(Can)が大原則
  • 「Will Can Must」って考えてる時点で、その人に強いWillはない。Willは変わるもの。大事なのはCan。
  • Canに向き合えば「稼ぐ力」にもなり、Canの輪が大きくなれば、チャンスも増えてきて、自然とWillになっていく。Willの卵はCan。

会場に居た人はもちろん、居なかった人も含め、このあたりの言葉は刺さったようです。

今の自分には、WillがなくてCanしかない…ということに自己肯定感低めでしたが、ちょっと勇気付けられました!

と言ったコメントを、たくさんいただきました。

私も、同じように思っていて、Willを強く持っている人に憧れている。自分にはどんなWillがあるのか?を探し続けている、この模索の旅をし続けているのかもしれない。

なんとなくWillが無いとダメだ、みたいなWillハラスメント的な風潮もある気がしていて、強いWillを持っていないと自己肯定感が下がってしまうというコメントに、とても共感しました。

「Can星人」として生きる

「Can星人」として考えてみると、

好きなこと、やりたいことなんてなくていいんじゃない?

と思います。

もちろん、強いWillを持った「Will星人」もいっぱいいて、どちらかというと、そういう人が目立つ時代。

うれしいことに、先にリンクを貼ったブログの流れから、こんなコメントをいただきました。

なつみっくすはまさにCan星人。地に足をつけて出来ることをやり続ける。

このコメントをもらって、

あ、私って「Can星人」だったんだ!

と改めて気づきました。(笑)

何となく知っていたけど、「Will星人に憧れているCan星人」という表現が正しいかもしれない。

「Can星人だよね」と言ってもらって、なんか吹っ切れました。(笑)

Canが自然とWillになってたりするから、無理やりWillを求めたりするのは辞めよう、そう思えるようになりました。

それにしても、「Can星人」というネーミングセンスが抜群。

これを言ってもらえるだけで、なんかポップで愛らしくなるし、「あー、Will星人とは、星が違うだけなんだ」と思える。

できること(Can)の点を増やす

「Can星人」の称号を得たので、改めて考えてみました。

「できること(Can)を増やす」というと、スキルを上げなきゃ、経験を積まなきゃとプレッシャーを感じてしまう。

できること(Can)の「点」をちょっとずつでも増やす 。何かそんなイメージです。

  • 色んな場所やイベントに出かける
  • 色んな人となるべく会うようにする
  • 思い切って、初めての人にも声をかける
  • おススメされた本を読む

あの有名な スティーブ・ジョブズの「コネクティングドッツ」 の理論で、点が増えていって、線としてつながっていけば良いなと思っています。

あんまりやり過ぎてしまうと、「どこかに出かけなきゃ」とそれ自体が目的化してしまって、「何もしないことへの不安」が出てしまうことがある。自分の内省する時間も取って、インプットとアウトプットのバランスは意識していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください