リアクション下手な私がオンラインミーティングに入ったら。

こんにちは、なつみっくすです。

最近、このブログに書いている「朝5時ブログの女」を改名したいと思っています。ぜんぜん朝5時に起きられてなくて、むしろ夜型になってしまっている。

Twitterアカウント名にずっと入れていた「朝5時ブログの女」も恥ずかしくて、こっそり変えてみました。

というのは置いておいて、今日は「リアクション下手の私が、オンラインミーティングに入ったら」というテーマで書きたいなと思います。

何を隠そう、私は自他ともに認める「リアクション下手」です。下手というか、リアクションが薄いというか。これに結構コンプレックスがありまして、苦手なシチュエーションが、「人からプレゼントをもらうときに、周りにたくさん人がいる」状態。

プレゼントをもらっている時点で、基本的には超うれしいのですが、プレゼントを開けた瞬間のリアクションを、みんな期待している状態。

これ、リアクション下手には地獄です。。

すごくうれしいときでも、「うれしいーー」って顔できないので、プレゼントをあげた側は「あれ、もしかしてあんまり喜んでない?」という空気になるのが怖い。そう思うと、心臓がバクバクしてきて、プレゼント開ける時点で、すでにドギマギしてしまう。

そんなリアクション下手の私は、最近のオンラインでの生活に、少し工夫が必要だなーと感じています。

これまでも、オンラインのやり取りが増えたことで、気をつけていることがあって、前にこんなブログを書きました。なんと、インフルエンサーの、けんすうサンにリツイートいただき、結構読んでいただきました。

リアクション下手と「わ音」と私

こんなふざけた内容で、しかもツイートに、けんすうさんの名前入れてなかったのに、拾っていただき、うれし恥ずかしかったです。

ここに書いたことをまとめると、ポイントは3つ。

  1. 「わ音」を使う → 文の冒頭。「わー」「わーい」「わわわ」など。
  2. 絵文字、スタンプ、いいねボタンを使う
  3. 「私がどう思ったか」を相手に伝える → I+感化メッセージ(例:私は、あなたのおかげで、刺激をもらってるよ)とか。

そんな私ですが、次なる壁はオンラインミーティング!

リアクション下手がオンラインミーティングで心がけること7選

ここ3ヶ月くらいは、完全に家にこもりっきり。オンラインでしかミーティングしていません。

リアクション下手には結構つらい状況で、相手との関係が深まらないこともしばしば。

今日は「私は、こんな工夫しているよ」ということも書きたいのですが、どちらかというと、「こんなことしたら?」とかフィードバックも欲しいなと思っています。

このあいだ、コミュニティメンバーに色々とアドバイスもらったので、それも含めて書いてみよう。

1. 物ボケをする

最初から、相手にとってのツッコミどころを用意する。変な被り物をするとか、Tシャツを着るとか。

最近は便利なものがあって、

  1. Zoomのバーチャル背景
  2. SnapCamera

Zoomのバーチャル背景も、いろいろと試してみたのですが、

この「中継:ロンドン」という画像が気に入ってます。

「え、ロンドンから中継?」って、多くの場合は突っ込んでくれるので、気持ちがほぐれます。

あと、みなさんご存知かと思うのですが、Snap Camera。こんな感じでアバター選べるので、顔出ししなくてもOK。

リアルの場でも、ちょっとツッコミどころのあるTシャツを着るとか、ブローチを着けるとかいいよ、とアドバイスもらいました。

2. 相手のペースに合わせる

アプローチとして、

  • 自分のキャラを正しく理解して、自分のキャラを出す
  • 相手に合わせる

という両方があるのかなと思います。

もらったアドバイスとしては、相手に合わせること。

具体的には、話す言葉のペース。ゆっくり話す人であれば、こっちもゆっくり話す。早口の人には、こっちも早口にする。

3. リアクションは大きめに

もうほんとに、関根勤さんとかうらやましすぎる。あんなに大きいリアクションもできないし、くしゃくしゃの笑顔もできない。

でも、自分なりに、自分なりでいいから、リアクションは大きめにしたい。

オフラインのときより、2倍増しくらいを意識しよう。

4. ジェスチャーを入れる

これまた全くできてないけど、大きくうなずいたり、拍手したり、「2つあるんですよ」という時は、ピースサインを作ってみたり。

OKのときは、大きく丸を作ってみたり。

特に、拍手って、やってもらったほうは嫌な気がしないと思うので、なるべく拍手は意識したい。

そして、不思議なことに、誰かが拍手すると、周りも拍手するようになる。

誰かがコメントしたら、拍手

誰かが自己紹介したら、拍手

そうやって、拍手の連鎖を作っていけるといいですね。

5. チャットやリアクションボタンを使う

「いやー、そんなリアクションもできないよ」という時があります、ありますよね。分かります。そんなときは、チャットでコメントしたり、Zoomのリアクションボタンを使ってみたりします。

6. 良いマイク、カメラ、ライトを使う

私の場合はヘッドセットで雑音が入りにくいマイクを使ってます。

カメラは色々探しているけど、買えていません。

ライトは、これまた試行錯誤中ですが、デスク用のライトを自分に向けて照らしてみたりしています。

あと、この自撮りライトをおすすめしてもらったので、これも買ってみました。

7. そもそも自分のキャラや役割で

そもそも論なのですが、リアクション下手でも、それはそれで自分のキャラと役割があると思います。

さっき書いたアプローチの前者のほう。

  • 自分のキャラを正しく理解して、自分のキャラを出す
  • 相手に合わせる

トークの番組でも、司会がいて、大御所の人がいて、盛り上げ役がいて、ガヤ芸人がいて、と色んなキャラがある。

その場で、自分が期待されている役割とか、貢献できる役割で、参加していくのがいいのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください