「母親アップデートコミュニティ」キャッチコピー決めワークショップ延長戦

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日は「子連れ100人カイギ」に参加してきました。

子連れ100人カイギ 「母親アップデートコミュニティ」Meetupをしました。

その裏で「母親アップデートコミュニティ」のキャッチコピー決めワークショップの延長戦を実施しました。

この3日前に同じくワークショップを実施していたのですが、もうちょっと話したいと思って、急きょ 「子連れ100人カイギ」 の裏で延長戦を実施することになりました。こちらが3日前のワークショップの様子。

「母親アップデートコミュニティ」コンセプトメーキングワークショップをしました

今回のワークショップも、このコミュニティのイベントを行う定番となりつつある、拡張家族Ciftで行いました。 今回も、子どもたちが一緒に参加しているので、子どもを遊ばせておきながら、ワークショップができる環境!そして、この居心地の良さ!

ほんとに最高の環境で、ワークショップできることに感謝!

前回と同じく、アートシンキングを使ったワークショップを行う、えみか先生にお願いしました。 (アートシンキングって何?という方は、えみか先生のnoteをご確認ください。)

ワークショップの目的は、キャッチコピーの案を決めること

前回のワークショップで、「母親アップデートコミュニティ」のキャッチコピーの案を決めたいと思っていたのですが、メンバーそれぞれの価値観を共有することに時間をかけていたので、あまりその話ができてませんでした。

前回のワークショップを受けて、えみか先生からのフィードバック。

マインドマップを共有することのメリット

  • お互いの価値観を認め合うとより絆が生まれ信頼できる→「安全安心」なコミュニティになる。
  • 対話がないから変化がない。対話から価値観が生まれる。時間を共有して文化を作る。

今回はメンバーの価値観をもとに、その共通の価値観を見つけて、それをキャッチコピーとして表現していく流れで、ワークショップが進みました。

1. メンバーそれぞれのマインドマップから、価値観を抜き出す

前回のワークショップで、それぞれが価値観を共有するときに使ったのがマインドマップ。

それから、メンバーそれぞれの価値観を抜き出す作業をしました。

ポストイットにすべて書き出してみました。

書き出してみると、すごくいっぱいある!

キーワード:チーム、多様性、好奇心、コツコツ、グローバル、つながり、パッションなどなど

2. 価値観をグループ分け

これを同じような価値観でまとめて、グループ分けする作業に入りました。

できたグループは7-8個くらいでしょうか。

「シェア・つながり系」「熱量・パッション系」「チーム・多様性系」「コミュニティ系」「社会貢献系」「偏愛系」「チャレンジ系」などなど。

3. グループ分けした価値観から、それを表す共通ワードを作る

ここまででグループ分けした価値観から、それぞれのグループに入っている全てのキーワードから共通ワードを作る作業をしました。

これが結構難しい。。

たとえば、「シェア・つながり系」

ここに含まれているグループを、もう一度整理してみる。

  • シェアは、スキルや経験の「共有」
  • シェアの前提としてあるのが「つながり」であり、「信頼」
  • でも私たちが目指したいのは、単なる「つながり」ではなく、そこから生まれる新しい世界であり、「1 + 1 = 3以上」ということ。

この 「1 + 1 = 3以上」 というのが、うまく言葉にできず。。

「相乗効果、シナジー?」「足し算でなくて掛け算?」「元気玉?」「単利でなく複利?」

自分の頭の四角さを思い知りました。。

4. キャッチコピー案をアップデートする

前回のワークショップで出たキャッチコピー案に、今回作った新しいワードをグループ分けして、キャッチコピー案をアップデートしました。

前回のワークショップで出たキャッチコピー案

ここに、今回作った新しいワードを貼り付けてみる。

ここでも、四角いワードに悩まされる私。。

みんなでディスカッションすることで、少しずつ頭が整理されていく。

①原案:「無敵の、つながり」

これだけだと、コミュニティの中に閉じているイメージ。外を寄せ付けないという誤解を招く可能性もあるので、もう1つキーワードをつけることで、外に向かうイメージも入れたい。→「無敵の、つながり。母親を、もっとおもしろく。」

ちなみに、「無敵の」のあとに句読点が入っているのは、「無敵」の言葉が強いので、そこに一呼吸入れたいという思いから。

「母親を」のあとに句読点が入っているのは、このキャッチコピーの原型である、NewsPicksの「経済を、もっとおもしろく。」を忠実に意識させていただいています。(笑)

②原案:「いま私たちが動き出す」

もう結構動き出しているよね、という話になりました。いま動き出すというより、これからの未来に向けたメッセージが欲しいよね。私たち=それぞれの個性を認める、というメッセージも込めたい → 「100人いれば、1∞通りのワクワクを。」

ちなみに、100通りは無限大の可能性を含めたいから、デザインを∞にしたいよね、という話があがりました。

③原案:「母親を、もっとおもしろく。」

こちらは①に統合

④原案:「つながってワクワク。起こせ、ソーシャルインパクト」

コミュニティ名がカタカナなので、カタカナは最小限にしたい。「つながる」感を入れつつ、どのようなソーシャルインパクトを起こしたいかは、もう少し具体的に表現したい。◯◯を変えるとか、 ◯◯を創るとか、 ◯◯をもっとおもしろくとか。

〇〇に入るワードは、「未来」「社会」はありふれている。「今」とか「人生」というのもでましたが、「世界」にすることにしました。

「つながって、世界をもっとおもしろく。」

まとめますと、今回のワークショップで絞ったのが、こちらのキャッチコピー案。

案1「無敵の、つながり。母親を、もっとおもしろく。」

案2「100人いれば、1∞通りのワクワクを。」

案3 「つながって、世界をもっとおもしろく。」

今後のスケジュール

3/26  公式メディア運営ミーティング → キャッチコピー案を最終チェック

3/27-30  アンケート

3/31 定例Zoomミーティングで結果発表

えみか先生、今回もワークショップを開催いただき、ありがとうございました!!

えみか先生は、アートシンキングを用いたワークショップを行っています。詳細は、こちらのnoteをご確認ください!!Twitterはこちら

えみか先生のnoteより

2 Comments

佐々木

お疲れ様でした!ほとんど参加できなかったので消化不良でしたが、ブログで内容や経過がわかってスッキリしました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください