WEEKLY OCHIAI 「働く女性をアップデートせよ」

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみです。

昨日は「WEEKLY OCHIAI」というメディアアーティスト・ 落合陽一さんの番組を、ライブで視聴しました。

今日は、昨日の番組のまとめと感じたことを、書きたいと思います。

WEEKLY OCHIAIとは?

まず、「WEEKLY OCHIAI」 の説明からさせてください。

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」で毎週水曜22-23時に生放送されている。メディアアーティスト・落合陽一さんの番組。毎週いろいろな業界のゲストが来て、「アップデート」をテーマにディスカッションが行われます。

NewsPicksプレミアム(会費1,500円)という有料会員だと観れる番組です。ちなみにNewsPicksアカデミア(会費5,000円)だと、この番組の収録観覧ができます。

テーマは「働く女性をアップデートせよ」50名観覧募集!

いつもの「WEEKLY OCHIAI 」は、NewsPicksアカデミア会員が中心に観覧されています。今回はなんとNewsPicksの「働く女性」ユーザーを限定とした観覧募集がなされました。

2週間前は同様の企画で、「母親ユーザー」の観覧募集があり、それに参加して熱い議論ができました。今回も「これは絶対参加したい!」と意気込んで申し込みしました。

なんと、今回も当選!行くのを楽しみにしていたのですが、家族全員インフルになってしまい、やむなくキャンセルすることに・・・

やっぱり会場は熱量高くて、楽しそうですね!今回は、ライブ視聴で参戦しました!

ゲストは、ハピキラFACTORY代表の正能茉優さんと、ビザスク代表の端羽英子さんです。

ここからが、番組で感じたことのまとめです。

  1. 理想の”女性像”からの脱却!
  2. 世代ごとの価値観を超える!
  3. どうやったら、もっと稼げるか?

それぞれについて、見ていきます。

1. 理想の”女性像”からの脱却!

これは前回の「母親をアップデートせよ」の回でも話題になったテーマです。番組の中では、「ソーシャルプレッシャー」という表現もありましたが、理想の”女性像”からの脱却が必要と感じました。

今回の番組で話を聞いて、理想の”女性像” は女性自身が抱えてしまっているのが大きい気がしています。それに加えて男性や社会からも、同じように理想の”女性像”があると感じてしまう。

仕事 + 子育て + 料理 → すべて完璧!

しかも、美しくなければいけない!

こんな完璧な女性を目指してしまうと、疲れ切ってしまう気がします。これを全て出来ている女性もいるのかもしれませんが、少なくとも全員にこの完璧さを求めてしまうのは辛いですね。

ビザスクの端羽さんからは、メディアのせいもあると指摘。端羽さんは、ご飯を作らないそうですが、取材を受けて記事になると「朝ご飯だけは作っている」という表現に直されているようです。

私は、この毎日料理を作らなければいけないんだというプレッシャーを、育休復帰後に抱えて疲れていたので、 作らなくても良い、とある時から割り切るようになり、だいぶ気持ちが楽になりました。
もちろん料理が好きな人はやっても良いと思いますので、端羽さんの「いろんな選択肢がある」ということを意識していきたいです。これは、結婚や、子どもを産むか、産まないかの議論についても言えることで、どんな選択肢も認められるべきだと思います。

これは小さい頃に育ってきた環境や教育にもよるのかもしれません。お母さんが専業主婦で、家事と料理を毎日やっているのを見ていると、それは女性がやるものというイメージがつきますよね。落合さんからは、こちらの優しいアドバイスが。

小さい頃から他人は気にしなくていいよ

うーん、母親としても身にしみる言葉です。。勝手に自分の子どもに、無意識の偏見を与えないように注意しなきゃですね。

2. 世代ごとの価値観を超える!

次に、女性と言っても世代によって価値観が違うのでは?、という話がありました。これは納得です。

正能さんの言葉だと、こんな感じだそうです。

  • アラフィフ : マッチョ世代 (男性同等に働く)
  • アラフォー : マッチョフォロワー世代(Windows95)
  • アラサー : 私が売り物、私がコンテンツ世代 (iPhone)
  • ミレニアル : 延命治療世代

なるほど、分かりやすいです。私はアラフォー世代なのですが、女性で活躍している人は、まだまだ少ないと感じており、マッチョ世代はかなり強い女性(例えば、勝間和代さんや、南場智子さんなど)を思い浮かべます。この方々のような働き方を目指すということはできないのですが、各世代の人たちが本音で話していく場、まさに今回のWEEKLY OCHIAIのような場が必要と感じました。

やっぱりそこには、女性だけではなく、今回の落合陽一さん、佐々木紀彦さんのように男性も議論の中に居たほうが良いと思います。

3. どうやったら、もっと稼げるか?

最後に、どうやったらもっと稼げるか?ということについて。女性も自分だけで自立していく力をつけることが必要と思います。これについてのアドバイスが3つありました。

  1. 社内でポジションを上げる
  2. 社会の期待値を上げる
  3. アピール上手になる

やはり稼ぐためには、「社内でポジションを上げる」ことが必要。今回の番組の中でもありましたが、女性は「自信過少」な人が多い。もっと上のポジションを目指す女性が増えるといいなと思います。そのためには、女性だけではなく、経営層、ミドルマネジメントも含めた意識改革は必要になると思います。

そして、2点目の「社会の期待値を上げる」。たとえば、自分の好きなことを仕事にするとか、フリーで稼げる場も作っておくとか、そういうことでしょうか。

3点目の「アピール上手」は、1点目と関わりますが、女性はもっとアピール上手になるべきと、端羽さんからアドバイスありました。これにまたまた共感です。海外でポジションを上げている外国人女性とか、「これでもか!」というくらいアピールするんですよね。アピールに慣れていない身からすると、ちょっと引いてしまうくらい。でも、それくらいの気持ちで、やっていく必要があるのかなと感じました。

最後に落合さんから、「働く女性のアップデート憲章」の発表が!

これを即興で作れるのが、改めてすごいですよね。

今の時代には、今の井戸端がある。

全世代的な議論を建設的にしよう。

ちなみに左の図は、一番下の”井戸端”が集まって、真ん中のクラウドに入って、記事があったり、いろんなビジネスが生まれるイメージですかね。

こちらはしゅずいさんのグラフィックレコーディングの 作品、相変わらずステキです。

そうそう、お恥ずかしながら、私もインフルで悔しかったので、急きょiPad買って、初のイラストを描いてみました!ということで、拙いですがトップ画像にしてみました!

2 Comments

佐々木

私もライブ配信で見ました!みなさんちゃんとした意見があり、後ろ向きでないのが印象的でした。まとめていただき改めて復習できました!ありがとうございます。
イラストチャレンジ、いいですね(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください