「必勝」じゃなくて「必笑」

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

このあいだのブログで、教育ジャーナリストである、おおたとしまさ氏をお招きしてイベントをしたことを書きました。

『世界7大教育法に学ぶ – 才能あふれる子の育て方』 読書会

このときに、おおたさんが、「色紙を書いたのがあるから、持っていっていいよー」とのことで、色紙を持って帰らせていただきました。

それが、こちらの色紙です。

画像

家に帰ってきて、おおたさんがお話されていたことを思い出しながら、改めてこの色紙を見ていました。

ものすごくジーンときました。

そのことを今日は書きたいなと思います。

「必勝」という言葉を、あえて使っていない意味

「ひっしょう」を漢字で変換すると、「必勝」と出てきます。

はちまきをしていて、そこに「必勝」と書いている姿が頭に浮かびますよね?

それくらい、これまでの時代は勝ち負けにこだわっていて、「勝ち組」「負け組」(負け犬)と言った言葉もあります。これは、自分を誰かと比較するところから来ていると思っていて、「負け組」が揶揄されてしまうこともある。

もちろん、スポーツの世界とか、勝ち負けがくっきり出るものがあるので、「必勝」という言葉を完全に否定するわけではありません。

でも、「勝ち」が良くて、「負け」はダメなのか?

というとそうではない。「負け」は悲しいことではあるけど、もしスポーツの試合であったら、そこまで頑張ってきたことを評価したい。子どもには「勝負」という厳しい世界があるんだよ、というのを知っておいた方が良いかもしれないけど、でもそれだけじゃないんだよ、ということも知ってほしい。

結果だけじゃなくて、そのプロセスも大切にするというのは1つの考え方だなと思います。

そもそも、勝ち負けがはっきりする”勝負”に持ち込むことが良いのか?

ということも、おおたさんの話を聞いて考えるようになりました。

おおたさんの言葉で印象的だったのは、

なるべく、対立関係には持ち込まない

ということ。

この考え方は、私たち母親アップデートコミュニティでも大切にしています。

AとBという二項対立ではなく、Cという第三の道を探すということ。対立関係に持ち込むということは、勝ち、負けが出てくる。そして、負けた方はハッピーじゃない。

でもCという第三の道で解決できれば、みんなハッピーになれるかもしれない。

そんなことを、このあいだツイートしたので、それも貼っておきます。

そして、イベントのなかでも言われていたのですが、

  • 他人と比較しない
  • 自分の”モノサシ”を持つ

というのが大切だな、と思いました。

「必勝」というのは、だれかと比較とか対立している結果だけど

「必笑」というのは、自分の気持ちから来ているもの。

「必笑」って、めちゃくちゃ良い言葉

どうしても、自分の子どもを誰かと比較してしまったり、良い学校に入って、良い就職をして、というのを望んでしまっている自分が、どこかにいる気がします。

でも「勝つ」ということよりも、「笑う」を意識していけば、

その子どもがほんとに”楽しい”と思えることを選択するサポートができる気がします。

その意味で、「必笑」という言葉が、じんわりと心に響いてきました。

おおたさんは、こうも言ってました。

世の中のどんな人にもかけがえのない人生があって、どれも立派で誇らしく、称えられるもの

とても、素敵な気づきをいただきました。

「必笑」

私の中で、大切な言葉にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください