母の日キャンペーン悩み中。

こんにちは、”朝5時ブログの女” なつみっくすです。

1年の中で、1番「母」というワードを聞くのが、やっぱり「母の日」。

私たち母親アップデートコミュニティ(HUC)は、「無敵の、つながり。母親を、もっとおもしろく。」をコンセプトに活動していますが、「母の日」に向けてキャンペーンをしたいと検討中です。

ちなみに、今年の母の日は「2020年5月10日」。

私たちが、このキャンペーンをなぜやるのか?

認知度のないコミュニティのキャンペーンに、多くの人に参加してもらうには、どうすればいいのか?

ぜんぜんアイデアがまとまっていません。(笑)

いや、そんなに簡単にアイデアがまとまるのであれば、みんながやっているはず。悩むことに意味があるのかもしれない。そう言い聞かせながら、頭を整理する意味で、今日のブログを書いています。

昨日は夜22時から、コミュニティメンバーとミーティングをして、なかなかアイデアがまとまらず、気づいたら2時間経っていました。

なぜ、母の日キャンペーンをやりたいのか?

私たちは、「母親は〇〇しなければならない(have to)」というのに縛られるのではなく、「自分の人生を生きる(want to)」母親を増やしたい。

1つの母親像ではなくて、1人ひとりの母親の個性が認められる社会がいいな、と思っています。

色で言うと、白黒からカラフルへ。

私たちのロゴにも、そのカラフルなイメージが入っています。

「母の日」と言えば、「お母さん、ありがとう」という感謝を伝える日。 感謝のメッセージが溢れるのはすばらしいことだけど、母親の個性が認められるメッセージは、どこからも伝わってこない。

母親であることで、新しい挑戦ができなかったり、現状にモヤモヤしている人たちが、勇気づけられる。「何か新しい一歩を踏み出そうかな」とか、「自分の人生を見つめようかな」とか、「ありのままの自分でいいんだ」とか、そう思ってもらえる色んな個性の輪がつながるキャンペーンをしたいなと思っています。

たとえば、コアのメッセージは「#母親をもっとカラフルに」

コミュニティメンバーが、イメージをメモにしてくれました。

どうやって、メッセージを伝えるのか?

この「どうやって、メッセージを伝えるのか?」のHOWの部分が、やっぱり難しい。

私のなかでは、「キャンペーンに参加すること」と「キャンペーンを目にすること」が大切かなと思っています。

ちなみに去年は、令和になって初めての「母の日」。突貫でTwitterキャンペーンをしました。

このキャンペーンのことは、こちらのブログに書いてあります。

#令和の母 ツイートキャンペーン 返信1,000件!動画再生1.1万!

Twitterキャンペーンの良いところは、オンライン(ツイート)で気軽に参加できること。このときは、#令和の母 のハッシュタグを付けて、ツイートしていました。

そして、集まった投稿をもとにプレスリリースもしました。

母親アップデートコミュニティが令和元年母の日に 新時代 #令和の母 のキーワード 3つの「S」を発信

なかなか難しかったのは、ツイートで気軽に参加できるとは言え、それでもハードルはある。どうやって、より多くの人にキャンペーンに参加してもらって、このキャンペーンの盛り上がりをつくるかに苦労しました。

ということで、結局まだ全然まとまってないのですが、

  • キーメッセージを決める(たとえば、#母親をもっとカラフルに)
  • アウトプットを決める(どうやって伝えるか? どうやってキャンペーンに参加してもらう人を増やすか? のHOWの部分)

ここを深堀りしていきたいなと思います。

キーメッセージ(ハッシュタグ)案

どんなハッシュタグであれば、みんなツイートしたくなるか?

  1. #母親をもっとカラフルに
  2. #ブラックな母の日
  3. #母親でよかった
  4. #母親になる前のあなたへ
  5. #母最高かよ

どんなアウトプットが良いか?案

  1. 広告
  2. 展覧会?
  3. チラシ、冊子?→街や保育園で配布
  4. イベント
  5. 日めくりカレンダー

うーん、難しい。。!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください