コミュニティの共通の価値観で成り立つ”多様性”

ここ最近、また”多様性”について考えているので、ここに書いておこうと思います。

ここで言う “多様性”とは、いろんな考え方を持つ人の集まり、と定義してみます。

“多様性”に関して、印象に残っているのは、元リンクアンドモチベーションの麻野耕司さんが言っていた言葉。

“多様性”だからといって、誰でも良いというわけではない。

共通の価値観があることが大事。

これが無ければ、六本木を歩いて、誰でも良いから人を集めるのが、一番多様性があることになってしまう。でも、そうじゃないですよね。

この話を聞いて「たしかに」と、すごく腹落ちしたことを覚えています。

これを図で表現してみました。

共通の価値観(図でいうところのブルーのボックス)という土台があることで、考え方の違いが成り立ち、お互いを認め合える。

つまり、共通の価値観の上で成り立つ”多様性”。

じゃあ、ここで言う、共通の価値観とは何か?というと、

ビジョン、ミッション、バリュー(行動指針)とルールと思っています。

私たちが運営する「母親アップデートコミュニティ」の例でいうと、こちらです。

特に、「誰も否定しない」というルールを大切にしています。

これは、特定の人格を否定しないということ。

つまり、「あの人(あなた)は、ダメ」と言わないこと。

このルールがあるからこそ、お互いの意見の違いを認め合える。

ちなみに「誰も否定しない」については、これまでブログに書いてきていますので、ここに貼っておきます。

「誰も否定しない」が神ルールと言われた理由 「誰も否定しない」ルールの反響。「受け止める」と「受け入れる」のちがい。

コミュニティ運営の観点だと、最初にコミュニティに入る時の「入り口」で、この「共通の価値観」に共感してもらえていることが条件となると思います。

ここで明らかに価値観や方向性が違うとなってしまうと、”多様性”が成り立たない。

さっきの図でいう山の頂上を目指す、大きな方向性に共感していて、山の登り方(考え方)は色々あるよね、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください